西武・浜屋がプロ初先発初勝利 6回4安打1失点の好投 栗山が1発含む2打点で援護

西武・浜屋がプロ初先発初勝利 6回4安打1失点の好投 栗山が1発含む2打点で援護

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/17
No image

6回を投げきり辻監督(左)のねぎらいを受ける浜屋=メットライフドーム(撮影・園田高夫)

「西武3-1ロッテ」(16日、メットライフドーム)

西武ドラフト2位ルーキーの浜屋が6回4安打1失点の好投。プロ初先発初勝利を飾った。

左腕からキレのいい直球にスライダー、カーブを織り交ぜてほんろう。一、二回を三者凡退に抑える立ち上がり。五回を終えて2安打無失点。六回は1死から加藤に二塁打を浴び、中村奨の左前適時打で1点を失って降板となった。

浜屋は開幕1軍を勝ち取り、リリーフとして4試合に登板。7月15日の楽天戦で2回6失点を喫し2軍に降格していた。

打線もルーキーを援護。初回は栗山の9号ソロで1点を先制。2死無走者で打席に立ち、ロッテ・小島の真ん中高めの145キロの直球をバックスクリーン右に運んだ。

五回は1死二塁から外崎の左前適時打、さらに2死二塁から栗山の右前適時打で計2点を追加した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加