ソフトバンク甲斐野が師匠の森をライバル視、抑え起用「ないことないので」

ソフトバンク甲斐野が師匠の森をライバル視、抑え起用「ないことないので」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

体幹トレーニングで汗を流す甲斐野(撮影・梅根麻紀)

ソフトバンク甲斐野央投手が師匠の森をライバル視した。首脳陣からは今オフに「後ろを任せられる投手に」という意向を伝えられている。

「(抑えは)ないことはないので、お前に託したと思ってもらえるような選手になりたい」と意欲を見せた。この日はブルペンで森を相手に20球を投げ、最後の1球は片膝をついての捕球をリクエスト。「自分のやるべきことをしっかりやって、レベルを上げて試合に入っていきたい」と、4年目の飛躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加