9選挙区で野党統一候補へ 衆院選での共闘調印式

9選挙区で野党統一候補へ 衆院選での共闘調印式

  • STVニュース北海道
  • 更新日:2021/10/14
No image

9選挙区で野党統一候補へ 衆院選での共闘調印式

31日に投開票される見通しの衆議院選挙を前に、北海道内では市民団体立ち合いのもと野党共闘の合意調印式が開かれました。

衆議院の解散が14日に迫るなか、立憲民主党と共産党は競合する北海道6つの選挙区で候補者の一本化に向けた調整を進めてきました。

市民団体立ち合いのもと、共通政策と選挙協力で合意し調印式が開かれました。

(市民の風北海道 川原茂雄共同代表)「このたび、日本共産党北海道委員会が3つの選挙区で立候補者を取り下げていただくご決断をしていただきました」

共産党は北海道3・4・9区で候補を取り下げ、北海道の9選挙区で与党と野党統一候補が対決する構図となる見通しです。

野党側は比例も含め北海道20議席で、過半数以上を目指したいとしています。

10/14(木)「どさんこワイド179」

10/14(木)11:13更新

この記事を動画で見る

STV札幌テレビ「どさんこワイド179」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加