阪神・平田2軍監督 1軍のアレへ「ファームで成績残した選手が戦力に」来季1軍ヘッド

阪神・平田2軍監督 1軍のアレへ「ファームで成績残した選手が戦力に」来季1軍ヘッド

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/27
No image

第1部(ファーム) 優勝チーム表彰 阪神・平田勝男監督(左)と楽天・三木肇監督(代表撮影)

「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」(25日、都内)

2軍監督としてウエスタン連覇を果たした平田勝男ヘッドコーチが、ウエスタン優勝チームの表彰を受けた。

今季はコロナ禍による試合中止など苦しいチーム状況もあった中で、2連覇を達成。「コロナ禍でどのチームも大変だったんですけど、シーズン途中、野手が10人、その中でキャッチャーが4人。そんな中でも選手たちはゲームに集中して、野球をやれる喜び、ゲームをやれる喜びをしっかりとかみしめて取り組んでくれました。こういう姿勢が2連覇につながったと選手たちに非常に感謝しています」とコメントした。

来季は1軍ヘッドコーチとして岡田新監督、チームを支えていく。「来年はアレ目指して、ファームでしっかりと成績を残した選手が戦力になることを期待したいと思います」と力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加