プレミア最終節で有観客も 英政府が都市封鎖の緩和計画発表

プレミア最終節で有観客も 英政府が都市封鎖の緩和計画発表

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/23
No image

サッカーイングランド・プレミアリーグの公式球(2021年2月20日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】英政府は22日、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)を段階的に緩和していくためのロードマップを発表した。これにより、サッカーイングランド・プレミアリーグのシーズン最終週に観客が戻ってくる可能性と、サッカー欧州選手権の決勝が満員のウェンブリー・スタジアムで行われる希望が出てきた。

ボリス・ジョンソン英首相が発表した4段階のロックダウン緩和計画では、早くても5月17日になるまでは主要スポーツでの無観客が続く。しかし、感染状況が悪化していなければ、最大1万人あるいは収容率25パーセントのうち、少ない方の人数の観戦が認められる。プレミアリーグは同月23日にシーズンが終了する。

すべての規制が解除されるのは6月21日で、イングランドで開催される一連の国際スポーツ大会には間に合うことになっている。ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で1年延期となっている欧州選手権は、準決勝が7月6日と7日、決勝が同11日に英ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われる。

その他、第2次世界大戦後では初の中止となったテニスのウィンブルドン選手権が6月28日に開幕し、ゴルフの第149回全英オープンは、7月15日から18日までケント州サンドイッチのロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブで開催されることになっている。

英国は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者が12万人以上に上り、感染状況が世界で最も深刻な国の一つとなっている。しかし、ジョンソン首相は議会で、大規模なワクチン接種計画が病院への負担を軽減しているとして、「終わりが本当に見えてきている」と語った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加