中国産を熊本県産に タケノコ産地偽造の会社役員に有罪判決(熊本)

中国産を熊本県産に タケノコ産地偽造の会社役員に有罪判決(熊本)

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2022/11/25
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

産地偽装に判決です。熊本地裁は、中国産のタケノコの水煮を『熊本県産』などと偽って販売した罪に問われている加工販売会社に罰金50万円、取締役の男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

判決を受けたのは、美里町土喰の農産物の加工・販売を行う『砥用食品』と取締役の榊勇一被告(52)です。

判決によりますと、榊被告は去年8月から12月にかけて従業員と共謀し、中国産のタケノコの水煮を『熊本県産』『九州産』と偽って販売したものです。

25日の判決で熊本地裁の山口智子裁判官は「同業他社との公正な競争を阻害した刑事責任は軽くない」と指摘。

『砥用食品』に罰金50万円と榊被告に懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加