虐待母役・菅野美穂「ごめんね」 げんこつで“息子”が涙

虐待母役・菅野美穂「ごめんね」 げんこつで“息子”が涙

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

舞台あいさつを行った(左から)高畑充希、菅野美穂、尾野真千子=東京都千代田区のよみうりホール(撮影・佐藤厚)

女優の菅野美穂(43)、高畑充希(29)、尾野真千子(39)が5日、都内で行われた映画「明日の食卓」(28日公開)完成報告会に登場した。

本作は「石橋ユウ」という同じ名前の息子を持つ、住む場所も環境も異なる、3人の母親たちの物語。母たちは子育てに奮闘しながらも、うまくいかない現実の連続を前に追い詰められ、ある日一人の母親が息子を殺してしまう。菅野は10年ぶりの映画主演。

菅野演じる留美子の息子役・外川燎(12)も登壇した。菅野の撮影中の印象を聞かれると「怖いお母さんなんですけど、撮影終わったあとは、優しく話しかけて、フォローしてくれました」と模範解答。菅野は「言わされてるような…」と笑った。

菅野は続けて「親が怒りをぶつけるシーンとか、痛かったと思うんですよね。かわいそうなこともあってね、悪かったね~」と謝罪。頭をげんこつするシーンがうまくいかず、時間の関係で最後の1回になり「本気で(げんこつ)入っちゃって、(外川の)目がうるうるしてきちゃって、ごめんね」と再度謝罪した。外川は「痛かったです。優しかったので、その分は」とほほえましいやりとりを見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加