ティンパニが退団で大ピンチ!玉響は無事本番を迎えることができるのか...『リバーサルオーケストラ』第3話

ティンパニが退団で大ピンチ!玉響は無事本番を迎えることができるのか...『リバーサルオーケストラ』第3話

  • TVLIFE
  • 更新日:2023/01/25

関連:『リバーサルオーケストラ』出演中の前野朋哉が本人役で『ブラッシュアップライフ』第3話に登場!麻美(安藤サクラ)の2周目の人生のキーマンに

No image

『リバーサルオーケストラ』門脇麦、田中圭 ©日本テレビ

門脇麦が主演を務める水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』(日本テレビ系 毎週水曜 午後10時)の第3話(1月25日放送)のあらすじと場面写真が公開された。

本作は、地味な市役所職員として働いている元天才ヴァイオリニストの主人公が、強引すぎる変人マエストロと共に地元のポンコツオーケストラを立て直す音楽エンターテインメントドラマ。

国際コンクールを総なめ、名門オーケストラと共演を果たし、“天才ヴァイオリン少女”の名を欲しいままにした谷岡初音(門脇)は10年前、とある理由で表舞台から突如、姿を消した。二度と舞台には立たないと心に決めた初音だが、強引すぎる変人マエストロ・常葉朝陽(田中圭)に巻き込まれ、地元のポンコツオーケストラ・児玉交響楽団(通称・玉響)を立て直すことに。しかし2人の前には、数々の障害と強敵が出現する。

第3話では、初音が蒼(坂東龍汰)を下宿人として家に招き、妹・奏奈(恒松祐里)と3人での同居生活がスタート。奏奈は蒼を意識して家事を張り切るが、初音は誰がいようとジャージ姿でお構いなし。それより気掛かりなのは、10年ぶりのステージ復帰を前に、本当に舞台に立てるのか自信がなかなか持てず、市長の修介(生瀬勝久)をはじめとする市役所の職員たちにヴァイオリニストであることを黙ったままなことだった。

そんな中、本番に向けて盛りあがる玉響に突如悪い知らせが飛び込んでくる。ティンパニの木之崎(篠崎史門)があいさつもなく辞めてしまったという。吹奏楽発表会の本番まであと4日。オケの大黒柱であるティンパニがいなくなり、玉響は大ピンチに。練習後、初音は朝陽からメモを渡され、そこに書かれた「藤谷耀司」という男をティンパニとしてスカウトしてくるよう命じられる。

玲緒(瀧内公美)と蒼と共に東京のライブハウスを訪ねた初音は、そこでドラムを叩く藤谷をじっと見ているうちに、ふとあることを思い出す。降りかかる数々の妨害…ティンパニは無事加入なるか。そして、初音と玉響の初めての公演はうまくいくのか。

番組情報

『リバーサルオーケストラ』第3話
日本テレビ系
2023年1月25日(水)午後10時

公式HP:https://www.ntv.co.jp/reveorche/
公式Twitter:@reveorche_ntv
公式Instagram:@reveorche_ntv
公式TikTok:@reveorche_ntv

©日本テレビ

TV LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加