解散から投開票までわずか17日 総選挙は超短期決戦へ【岡山・香川】

解散から投開票までわずか17日 総選挙は超短期決戦へ【岡山・香川】

  • RSK山陽放送ニュース
  • 更新日:2021/10/16

衆議院が解散されました。
総選挙は10月19日公示、10月31日投開票と決まり、事実上の選挙戦がスタートしました。
今回の選挙の争点について、議員も有権者もコロナ対策をあげています。

No image

解散から投開票までわずか17日 総選挙は超短期決戦へ【岡山・香川】

岸田総理の就任からわずか10日後。
午後1時から開かれた本会議で、大島議長が解散詔書を読み上げ、衆議院は解散しました。
解散から17日後の総選挙の投開票は、戦後最短。
自民党内も驚く短期決戦です。
訴えるのは、コロナ対策とアフターコロナだといいます。
野党は立憲民主党、共産党などが共闘を強めています。
岡山・香川では、ポスター掲示場の設置など、選挙に向けた準備があわただしく進んでいます。

RSK山陽放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加