須澤紀信、新EP『遠近法』発売&「ドライフラワー」MV公開 「王様のブランチ」ED含む5曲入り

須澤紀信、新EP『遠近法』発売&「ドライフラワー」MV公開 「王様のブランチ」ED含む5曲入り

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/21
No image

新作EP『遠近法』をリリースした須澤紀信

シンガー・ソングライターの須澤紀信が21日、1年9ヶ月ぶりとなる新作EP『遠近法』をリリースした。TBS系『王様のブランチ』7月度エンディングテーマ「希望のうた」など全5曲が収録されている。あわせて、収録曲「ドライフラワー」のミュージックビデオ(MV)がYouTubeで公開となった。

【動画】『王様のブランチ』ED「希望のうた」&新曲「ドライフラワー」MV

本作には、コロナ禍での肘タッチ、マスク越しの会話、オンラインでの授業やテレワークなど、「ニュースタンダード」といわれる“距離感”の中で、過去の常識との間で生まれたさまざまな「孤独」を須澤の視点を通して再構築した5曲を収録。

中でも「希望のうた」は今作の核ともいえる楽曲で、「一人だけど孤独ではない、心だけでも寄り添っていられる」という、一番伝えたいメッセージが込められている

このほか、失って気づく“別離れ”の葛藤を2つの視点で描いた「ドライフラワー」「アソート -remix-」、恋の駆け引きをシニカルに捉えた「パセリ」、恋の一瞬の高まりを熱く歌った「一匙の魔法」を収録。今作から新たに音楽プロデューサーのヤマサキテツヤ氏を迎え、新たなサウンドに挑戦している。

発売日にあわせ、MV連続公開企画の第3弾として「ドライフラワー」を公開。本作は、スカイピース、ばんばんざい、なこなこチャンネル、しばなんチャンネルら数々のアーティストやYouTuberのミュージックビデオを手がける新進気鋭の映像監督・柴田海音氏によるドキュメント風ムービーで、男性視点で描かれた「別離」の受け止め方を考えさせる深みのある作品となっている。8月には第4弾のMV公開を予定。

8月28日には東京・渋谷TAKE OFF7で『須澤紀信ワンマンライブ「再構築」』が開催される。タイトルどおり、新旧含めた須澤のレパートリーを“再構築”し、昼の部は弾き語り編、夜の部はバンド編が行われる。昼夜2公演とも、ライブ配信も予定されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加