染五郎、2度の延期経て主演アニメ待望の公開!初声優は「ここまで似ている役」

染五郎、2度の延期経て主演アニメ待望の公開!初声優は「ここまで似ている役」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

歌舞伎俳優の市川染五郎(16)、女優の杉咲花(23)らが22日、都内で行われた劇場版オリジナルアニメーション「サイダーのように言葉が湧き上がる」の初日舞台あいさつに登壇した。

コミュニケーションが苦手で、人から話しかけられないように、いつもヘッドホンを着用している主人公の少年・チェリーと、見た目のコンプレックスをどうしても克服出来ない少女・スマイルが出会い、言葉と音楽で距離を縮めていく“ひと夏の青春”を描いた。染五郎はチェリー、杉咲はスマイルの声を務めた。

本作はコロナ禍で2度の公開延期となっており、今作が声優初挑戦の染五郎にとっては、思い入れのある作品でもあり、「とても残念な思いと悔しい思いがあったんですけども、なんとか公開を迎えられて率直にうれしい気持ちでいっぱいです」と喜びもひとしお。自身が演じた役については、「自分自身も人見知りな所があって、(チェリーは)自分と似ている部分がたくさんあった。ここまで似ている役をやらせていただくというのは、本当にご縁を感じますね」としみじみ語った。

アフレコはコロナ禍以前に行われたため、声優・山寺宏一ら20人以上の声優陣が勢ぞろいして収録したシーンもあったという。杉咲は「まとめて声撮りが行われている環境に参加させていただくのは初めての経験。声優の皆さんが(アフレコを)やられている姿をすごく近くで拝見することが出来て、プロフェッショナルな姿勢にとても感動しましたし、とても貴重な経験になりました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加