宮崎名産・地鶏封印も効果アリ!? 古江彩佳は“クセのある”最終戦でなぜ強い?

宮崎名産・地鶏封印も効果アリ!? 古江彩佳は“クセのある”最終戦でなぜ強い?

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/11/25
No image

チキンはノーサンキュー! 古江彩佳が強気なパットで難コース制圧|撮影:村上航

<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇25日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>

逆転で賞金女王となるには単独2位以上が最低条件というなか、9バーディ・1ボギーのコースレコードタイ「64」で、8アンダー・単独首位スタートを決めた古江彩佳。今大会は2度出場して両方とも2位タイと好成績を収めている。コーライ芝のグリーン、強い風、グリーンを外せばティフトン渦巻くラフ…。そんなクセの強い大会で、なぜ強さを発揮することができるのか。

最新! 古江彩佳のドライバースイングをコマ送りで【連続写真】

まずはマネジメント。今大会のグリーンは硬く速い。さらに受けているホールも多いところでは、奥につければかなり難易度が上がる。外せばそれ以上だ。古江は徹底して手前から攻めて、大けがを防いでいる。その狙いは左ラフに入れてしまった1番の2打目からピタリとはまった。

「本来であれば126ヤードは50度のウェッジでは届きません。でも、ラフとフォローの風を計算して、エッジに落とそうと思って。グリーンには行ってほしくなかった」。狙いすましたショットでエッジに落ちた球はグリーンを転がり、16ヤード先に切られたピンそば30センチにつけてお先にバーディ。ランの計算が立つ正確無比なショット、完璧なマネジメントが両立しているから、保険を掛けつつ攻めていけるのだ。

さらに、ピンに絡まなかったところでもパッティングは冴えわたった。「パターが入るかは運しだい」というコーライ芝でも、5メートル以上のバーディパットを3度も決めている。心がけているのは「芯で打つ」ことと、強気でいくこと。「芯で打つことによってヨレは少なくなると思う」。さらにはこんなゲン担ぎも。「大会期間中は鳥を食べません。英語でチキン(臆病者)なので」と地鶏の名産地・宮崎でもチキンはNG。弱気の虫を取り除くゲン担ぎも、強気のパットに影響していそうだ。

もう1つ、今大会の特徴が良い方向に行っているという。それが今大会を除けばツアーでは「日本女子オープン」しかない、2サム(2人1組)の組み合わせだ。「2サムは忙しくて、打ったらすぐに次を考えることがない。考えすぎちゃうのが好きじゃないので、2サムは楽ですね」。この日は女王争いのライバル・稲見萌寧とのペアだった。意識こそあったものの、せわしなくプレーが進行するのは「自分のゴルフに集中したい」と話す古江にはうってつけだ。ほかにもオフの合宿でラウンドすることもあり、コースを知っていることも大きいだろう。

それらが合わさった結果、コースレコードタイという最高のかたちでの首位発進につながった。「最後にいい締めくくりができればいい」。今年こそ3度目の正直で金メダルをつかみ取る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加