広島・ドラ2森浦がプロ初黒星「コントロールミス」同点の七回に勝ち越し許す

広島・ドラ2森浦がプロ初黒星「コントロールミス」同点の七回に勝ち越し許す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

プロ初失点を許し初黒星を喫した森浦(左)=撮影・佐藤厚

「ヤクルト3-2広島」(7日、神宮球場)

広島のドラフト2位・森浦大輔投手(22)が、プロ初黒星を喫した。「反省して、次に切り替えたい」と話した。

同点の七回に3番手で登板。先頭の渡辺に初球を左前に運ばれ、犠打で1死二塁。勝ち越しのピンチを迎え、1番・山崎に1ボールから2球目のスライダーを右前に運ばれた。

ストライクからボールゾーンへのスライダーを狙ったが「コントロールミスで、中に入ってしまった」と唇をかんだ。続く中村を右邪飛に仕留めたところで降板。開幕から4試合連続無失点だった左腕は、2/3を2安打1失点だった。

佐々岡監督は「変化球の入りだと思う」と振り返りつつも「ずっと開幕からいい形でやってきた中、打たれたのも勉強」と今後の糧にすることを求めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加