アルゴンヌ国立研究所、1万個以上のセンサーを使って交通状況を瞬時に予測!

アルゴンヌ国立研究所、1万個以上のセンサーを使って交通状況を瞬時に予測!

  • Techable
  • 更新日:2020/11/21

米国エネルギー省(DOE)のアルゴンヌ国立研究所の研究者らは、ローレンスバークレー国立研究所が主導するモビリティシステムの設計・計画に関するプロジェクトの一環として、交通状況を予測するAIシステムを開発中だ。
ロサンゼルスの交通網を対象に設計されたAIシステムは、従来のものに比べて劇的に多くのセンサーを利用していて、アルゴンヌ国立研究所のスーパーコンピュータを活用することで、高速で正確な予測を実現

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加