美誠、ストレート負け...2戦連続4強も、得意のサーブ効かず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇卓球ITTFファイナル 第3日(2020年11月21日 中国・鄭州)

日本勢で唯一残っていた東京五輪女子代表で世界2位の伊藤美誠(20=スターツ)は、準決勝で同5位の王曼イク(オウバンイク、21=中国)にストレート負けした。得意のサーブが効かず圧倒された。3位決定戦はなく、これで終戦。8カ月ぶりの国際大会となった中国遠征2戦は、3位と4強という結果に終わった。

伊藤が完膚なきまでに叩きのめされた。世界5位の王曼イクには前回対戦した19年スウェーデン・オープンで勝ったとはいえ、通算2勝8敗。分の悪さがモロに出た。

得意のサーブが効かなかった。2ゲームを失って迎えた第3ゲーム、3―1の場面。サーブレシーブで強烈なスピンをかけられ、空振りした。続くサーブはコースを読まれて強打で返され、簡単に追いつかれた。多彩なサーブで崩す形が通用しなかった。

ミスも多く、イライラが何度も顔に出た。そのたびに自分をなだめた。昨年までは「試合で思うようにできない自分を許せず、自分と戦っていた。完璧を求めすぎていた」。コロナ禍で国際大会が中断した8カ月は“脱完璧主義”で練習をしたが、準決勝は切り替えるタイミングもないまま圧倒された。

遠征中の10月21日に20歳になった。出発前は「中国でいい試合をして日本で乾杯したい」と祝杯を誓っていた。W杯に続く2戦連続4強は立派だが五輪で金を目指す伊藤には不満だったかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加