ドルトムント、来季のホームユニフォームは縦縞模様に...最終節ヘルタ戦から着用

ドルトムント、来季のホームユニフォームは縦縞模様に...最終節ヘルタ戦から着用

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/05/13
No image

[写真]=Getty Images

ドルトムントは13日、2022-23シーズンに着用するホームユニフォームを発表した。

『プーマ』が提供する新たなユニフォームは、お馴染みの黄色をベースとし、前面には黒のストライプがあしらわれた。黒色の部分には、1909年12月19日にクラブ創設の場となったレストラン『ツム・ヴィルトシュッツ』の窓がパターンとして組み込まれている。また、「私たちが団結すれば、どんな困難にも打ち勝つことができる」との思いを込め、首元には「Borussia verbindet(ボルシアが団結する)」の文字が刻まれる。

新たなホームユニフォームは、14日にホーム『ジグナル・イドゥナ・パルク』で行われるブンデスリーガ最終節ヘルタ・ベルリン戦から着用される予定だ。

【画像】ドルトムントが来季のホームユニフォームを発表

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加