北極圏スヴァールバル諸島で観測史上最高気温21.7度を記録(ノルウェー)

北極圏スヴァールバル諸島で観測史上最高気温21.7度を記録(ノルウェー)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/31
No image

スヴァールバル世界種子貯蔵庫 /iStock

北極圏は、地球上のどの地域よりも急速な地球温暖化が進んでおり、海氷の損失率も高くなっていると言われている。

北極点から約1130kmの南方に位置するノルウェー領のスヴァールバル諸島には、あらゆる危機に耐えうるように設計された終末の日に備える北極種子貯蔵庫「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」があることで知られているが、ここも例外ではない。

今年7月25日、史上最高気温となる21.7度が観測されたそうだ。『Life in Norway』などが伝えている。

【他の記事を見る】2037年9月、北極の氷は完全になくなる!?

スヴァールバル諸島で史上最高気温が記録される

気象当局の発表によると、スヴァールバル諸島にある町ロングイェールビーンの気象観測所で、7月25日に21.7度という気温が観測されたという。

En 41 ar gammel varmerekord er slatt i Longyearbyen pa #Svalbard ! Mellom kl. 17 og 18 malte vi 21,7 grader, det er 0,4 grader over den gamle rekorden fra 16. juli 1979 🌡️ pic.twitter.com/Kj11HszE1i
— Meteorologene (@Meteorologene)
July 25, 2020
from Twitter

これは、1979年7月16日に観測された21.3度の記録を打ち破る史上最高気温となり、近年の深刻な気候変動による影響が大きく出た結果だと伝えられている。

夏に21度ってそこまで熱くないんじゃない?と思うかもしれないがそんなことはない。スヴァールバル諸島はツンドラ気候で、7月の最高気温は7度くらいだ。

No image

image by:wikipedia

スヴァールバル諸島にあるスピッツベルゲン島西部、北緯78.13度に位置する世界で最も北にある居住地「ロングイェールビーン」は、2000人程度が暮らす小さな町で、現在は観光業が主力産業だ。

ロングイェールビーンも通常の夏なら7度、最高気温でも13~17度だったのに、20度を超える異例の午後を迎えた観光客らが、厚い冬服を脱いで半袖姿で日当たりのいい屋外テラスでビールを楽しんだと地元メディアが報じている。

No image

gus880/pixabay

気候変動がスヴァールバル諸島を脅かしている

寒いと思っていた北極圏が、暖かくなったという事実は、単なる驚きでは済まされない。というのも、近年の気温上昇はスヴァールバル諸島を十分に脅かしているからだ。

この地には、戦争や飢饉など世界規模の大惨事に備えて、2008年から世界各地の種子サンプルを保管している「スヴァールバル世界種子貯蔵庫(Svalbard Global Seed Vault)」が設置されている。

No image

image credit:Wikipedia

同貯蔵庫は、気候変動により植物が直面しなければならない最悪の事態に備えて機能させることが非常に重要とされているだけに、北極圏の気温上昇は非常に深刻な問題となっている。

2016年には、永久凍土の融解によってこの施設に水が流れ込み、多額の費用をかけた修復作業が必要となった。

幸いにも、この時は保管されていた種子の損傷は免れたが、施設側は今年の最高気温観測で今後の絶対的な対応を余儀なくされたようだ。

No image

htearse/pixabay

スヴァールバル諸島に起こっている変化

北極圏は、地球上で最も温暖化が速く進んでいると言われている。スヴァールバル諸島とその周辺のバレンツ海北部は、極寒帯北極内で最も速い温度上昇が起こっており、海水の損失率が高くなっている。

今回の史上最高気温によっても多くの融解が発生し、ロングイェールビーンでは溶けた氷河によって川に融雪水をもたらし、通常より水位がかなり上昇したことも報告されている。

また、気温の上昇と降雨量の増加により雪崩が増え、その一部がロングイェールビーンに住む住民たちに大きな影響を与えている他、野生のトナカイやホッキョクグマなど陸上および海洋の野生生物への影響も深刻だ。

No image

ホッキョクグマ/iStock

科学者らの研究によると、今から100年未満に北極圏内からは氷が消え、ホッキョクグマは絶滅する可能性が高いと予想されている。

急速な気候の変化が、地元住民や野生生物に多くの問題を引き起こしていることは明らかだといえよう。

ちなみに、スヴァールバル諸島での気温上昇とは対照的に、ノルウェー本土の多くは今年は冷夏となっているようだ。オスロでは18度、トロンハイムでは14度という最高気温が記録されているという。

written by Scarlet / edited by parumo

・あわせて読みたい→温暖化?北極が縮んでいることがよくわかる画像と映像

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加