ロッテの育成・森遼大朗が二軍戦で初完封 1安打10三振の快投で支配下猛アピール

ロッテの育成・森遼大朗が二軍戦で初完封 1安打10三振の快投で支配下猛アピール

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/07/20
No image

ロッテの育成・森遼大朗[撮影日=2019年2月7日]

● 日本ハム 0 - 7 ロッテ ○
<7月20日 鎌ケ谷スタジアム>

ロッテの育成右腕・森遼大朗投手(22)が20日、敵地での日本ハムとのファーム公式戦に先発し、9回(119球)を投げて1安打4四球10三振で完封。今季13試合目で早くもリーグトップの7勝目を手にした。

森は立ち上がりからストレートとスライダー、フォークのコンビネーションを軸にテンポよく投球。中田翔、清宮幸太郎、大田泰示、樋口龍之介が並ぶ中軸に対しても丁寧なピッチングが光り、スコアボードにずらりとゼロを並べた。

打たれた安打は3回一死一塁から9番・上野響平に許した中安打1本のみで、4回以降はノーヒットピッチング。自身初めての9イニング目はボールが先行し先頭打者に四球を許したが、2番・今川優馬を三ゴロ併殺に打ち取り、最後は4番・清宮幸太郎を中飛に打ち取りシャットアウト。灼熱のマウンドで自身初完封勝利を挙げ、支配下昇格へ猛アピールを見せた。

森は都城商高から2017年の育成ドラフト2位でロッテに入団。育成4年目の今季は13試合(73回)に登板して7勝1敗、防御率2.22の好成績をマークしており、勝利数と勝率がリーグトップ、防御率でも「2.21」の釜田佳直(楽天)に次ぐリーグ2位につけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加