阪神は拙攻の連続でヤクルトに完封負け

阪神は拙攻の連続でヤクルトに完封負け

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

8回、三振に倒れた阪神・サンズと選手交代を告げる矢野監督=神宮球場(撮影・松永渉平)

(セ・リーグ、ヤクルト1―0阪神、20回戦、阪神11勝6敗3分、15日、神宮)阪神は拙攻が続き、ヤクルトに0―1で敗戦。今季9度目の完封負けを喫した。

一回から四回まで、イニングの先頭が出塁しながらも、得点にはつながらず。六回も先頭の近本が右前打を放つと、中野が捕犠打。2死後、2者連続四球で満塁としたが、サンズが左飛に倒れた。八回にも2死満塁としたが、ヤクルトの2番手、清水の前にサンズが空振り三振。好機であと一本が出なかった。

先発の伊藤将は一回2死三塁で村上に先制の適時打を浴びたが、それ以降は粘り強い投球で追加点を与えず。6回5安打1失点と好投したが、打線の援護がなく、今季7敗目となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加