目の前でおならをする人は恋愛対象外? 最も厳しい意見を持つ世代が判明

目の前でおならをする人は恋愛対象外? 最も厳しい意見を持つ世代が判明

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/21
No image

(bee32/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人間の生理現象のなかで恥ずかしさを感じてしまうのが「おなら」である。好きな異性の前ではしない人もいると聞くが、我慢しきれずでてしまうこともあるだろう。

他人の前でおならをすることについて、世間はどう考えているのだろうか。

画像をもっと見る

■目の前でおならをする人をどう思う?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の1,844名に調査を実施した。

No image

結果、「目の前でおならをする人は恋愛の対象外」と答えた人は26.4%。多くの人は容認しているが、我慢できないと感じている人もいる。

関連記事:人気YouTuberシバター、博多の路上で便失禁 「気とお尻がちょっと緩んだ」

■厳しい見方をするのは…

目の前でおならをする人は恋愛の対象外と答えた人を男女別に見てみよう。

No image

60代の割合が高く、男性35.9%、女性39.5%。昭和の価値観を持つ世代は、目の前の放屁に嫌悪感を持っている様子。

最も寛容だったのは40代男性で18.7%。生理現象だけに、仕方ないと割り切っているのかもしれない。

■対象外とする人の意見は

60代女性のKさんは、目の前でおならをする人物に厳しい見方を示す。

「当然ですが、おならは悪臭を放つもの。そういうものを平気で異性に見せつけるような人は、相手に対して思いやりがないと感じる。自分たちの世代ではなんとも思わない男性も多いのですが、私の夫は目の前ではしません。

生理現象ですから仕方のない部分もありますが、隠す素振りなくあからさまにするのはNG。つきあいたくないです」

■容認する人も

40代男性のSさんは、容認するという。

「実際、我慢するのは身体によくないし、予期せぬ形で出ることもある。おならを容認できないような男女が、共同生活を送っていけるとは思いません。

自分の妻は、男の私より音が大きく、臭いのきついおならを平気でします。さすがに交際しているときは隠していたけど、歳を重ねればそうなるもの。いちいち嫌悪していたら、やってられませんよ」

おならについて寛容な人が多いものの、一部は「恋愛の対象外」と考えている場合もあるようだ。

・合わせて読みたい→キス好きでリアクション大きい人は該当する? スケベな人の特徴10選

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加