「ナニワ金融道」灰原役の高杉真宙、赤井英和らの関西弁演技に感激「空間を支配できる」

「ナニワ金融道」灰原役の高杉真宙、赤井英和らの関西弁演技に感激「空間を支配できる」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/11/25
No image

映画「ナニワ金融道」初日舞台あいさつに登場した高杉真宙【写真:ENCOUNT編集部】

高杉真宙、映画「ナニワ金融道」をアピール

俳優の高杉真宙が24日、都内で行われた映画「ナニワ金融道」初日舞台あいさつに登場した。当日は、共演者の加藤雅也、赤井英和、藤澤浩和監督も登壇し、同作をアピールした。

同作で主人公の灰原を演じる高杉は、MCから配役が決まったときの気持ちを聞かれて、「僕自身、もちろん作品は知っていたのですが、原作やほかの映像作品を見たことはなかったんです。実際に携わってみて『ナニワ金融道』が愛された理由を知ることができました。自分自身が、どんな灰原さんにしていくべきなのか、皆さんと作っていく上で、考えていかなければならないので、うれしかったですけれど緊張しましたね」と振り返った。

金融にまつわる専門用語が飛び交う同作。高杉が「いろいろと台本を読みつつ、調べてみたり、監督からいろいろ聞いたりして学んでいったことが多かったですね。台本にそういうセリフが出てくるので、大変でしたね」と話すと、灰原の先輩社員にあたる桑田澄男役を演じた加藤は「こういう専門用語がペラペラ出てくると『こいつ金、借りとるな』と思われる」と話して、笑いを誘った。加えて、加藤は「勉強になりましたね。なるほどこういう仕組みになっているのかと思いました」としみじみと語っていた。

加藤のほか赤井英和、宇崎竜童など関西出身のキャストが集結した同作。MCから「現場の雰囲気はどうでしたか」という質問が上がると、高杉は「なんか、関西弁って迫力はありましたよね。力があるというか。お芝居を作る上で、空間を支配できるという印象があったので、映像を見ていても、そこが関西だと感じられる。僕自身は関西弁ではなかったので、飲み込まれないように灰原さんとして皆さんと接していければと思ってやっていました」と回想した。

また、「同作のおすすめポイントはどこですか」という質問には、高杉が「やっぱり、やりとりじゃないですかね。それぞれの。特に桑田さんと灰原さんのやりとりは注目してみてほしいですね」と呼びかけつつ、「この作品は、本当に教科書のようないろんなことを学ばせていただいた作品だと思っています。大人になっても学べてないことがあるなと思っています。お金との向き合い方って難しいじゃないですか。自分がどんな風にお金と付き合っていけるのかということを学ばせていただける作品だと思っています。でも、コメディー要素もあるので、純粋に楽しんで見ていただければ」とアピールしていた。

同作は、青木雄二原作の大阪を舞台に貸金業者、いわゆる「街金」の実態を描いた同名漫画の映画化。全3話からなる同作は、11月25日に第1話「ナニワ金融道~灰原、帝国金融の門を叩く!~」、12月2日に第2話「ナニワ金融道~銭と泪と権利と女~」、12月9日に第3話「ナニワ金融道~大蛇市マネーウォーズ~」と3週連続での劇場公開を予定している。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加