「仲間以外の無免許運転は許さぬ」車を貸した学生を暴行 神奈川県警、傷害容疑で17歳少年逮捕

「仲間以外の無免許運転は許さぬ」車を貸した学生を暴行 神奈川県警、傷害容疑で17歳少年逮捕

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

大学生を集団で暴行して重傷を負わせたとして、神奈川県警少年捜査課と多摩署は14日、傷害の疑いで川崎市中原区の防水工の少年(17)を逮捕した。この事件ではほかに、リーダー格の無職少年(16)らいずれも同市に住む15~17歳の少年5人が同容疑で逮捕されており、県警はほかにも複数の人物が関与したとみて調べる。

6人の逮捕容疑は、共謀して7月21日夕、同市多摩区の公園で、同市に住む大学1年の男性(18)に殴る蹴るの暴行を加え、鼻の骨折など重傷を負わせた、としている。6人とも容疑を認めているという。

県警によると、6人は遊び仲間で、不良グループや旧車會のメンバーもいた。少年らには仲間以外の無免許運転を許さないとの取り決めがあり、リーダー格の少年が同級生だった高校2年の男子生徒(17)の無免許運転を知って立腹。男子生徒に乗用車を貸した男性も「同罪」として暴行したという。

男子生徒も7月18日に同市多摩区の公園で集団暴行を受け、全身打撲などの軽傷を負った。県警は男子生徒への傷害容疑でも、リーダー格の少年や別の16~17歳の少年4人を逮捕していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加