2014年1月15日、iPhoneから操作できる赤外線リモコン「IRKit」が発売されました:今日は何の日?

2014年1月15日、iPhoneから操作できる赤外線リモコン「IRKit」が発売されました:今日は何の日?

  • Engadget
  • 更新日:2022/01/15
No image

iPhoneなどからWi-Fi経由で家電操作を可能とした赤外線リモコンが、「IRKit」。

このリモコンデバイスが発売されたのが、2014年の今日です。

元々オープンソースハードウェアとして開発され、誰でも作ることが可能だったものですが、実際に作れるのは電子工作などが得意な人くらい。多くの人にとってハードウェアはブラックボックスで、試してみたくてもハードルが高いものでした。

このIRKitの発売により完成品のハードが手に入るため、スマートフォン用のアプリを作りたいという人が手軽に使えるようになりました。もちろん、イチからアプリを作るのも大変ですが、IRKit iOS SDKが公開されていたため、比較的容易に作れたというのが大きいです。

ちなみにハードウェアの中身はArduinoベース。空いているI/Oを使って機能追加する、なんてことも可能です。

2014年といえばIoTが話題となり始め、様々な機器への応用が考えられていた頃。これ以降、赤外線リモコンはIoT機器を話題にする時の定番アイテムとなりました。また、後にスマートスピーカーが登場すると、対応する製品が多数誕生。手軽にスマート家電化できるということで、便利に使っている人も多いのではないでしょうか。

1月15日のおもなできごと

2001年、インターネット百科事典「ウィキペディア」が発足
2014年、IRKitプロジェクトが「IRKit」を発売
2016年、エイビットが「ホムテル3G」を発送開始
2016年、ソフトバンクが「ギガ学割」を開始
2016年、リコーイメージングが「PENTAX 645Z IR」を発売
2020年、マイクロソフトがChromiumベースの「Microsoft Edge」をリリース

Source:IRKit

今日は何の日?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加