厳選されたエッセンシャル・ワードローブさえあればいい「大好きな16着と生きていく」

厳選されたエッセンシャル・ワードローブさえあればいい「大好きな16着と生きていく」

  • SPUR
  • 更新日:2020/09/16

外出自粛期間中に余分なものを減らし、自分にとって本当に必要な服とは?という問いに向き合った人も多いのでは。これは、偏愛する16着を毎日妥協なく着回す女性のポートレート。新世界のクローゼットは、強く、潔い。

新世界のエッセンシャル・ワードローブ 16 着

No image

1 メキパのプルオーバーコート
2 ベースレンジのニットオールインワン
3 パトゥのブラウス
4 OAMCのキルティングパンツ
5 ジル サンダーのサテンスカート
6 ジル サンダーのサテンシャツ
7 ヴィンテージのパニエ
8 ボッテガ・ヴェネタのダウンコート
9 エルメスのオールインワン
10 ジル サンダーのジャージトップス
11 シャネルのジャンプスーツ
12 ヴィンテージのレーススカート
13 グッチのロングベスト
14 セシリー バンセンのドレス
15 ディオールのビスチェ
16 ディオールのパンツ

スタイリスト・小嶋智子が提言 「エッセンシャル・ルール5カ条」 ☑「使えるもの」より「偏愛もの」を 着回せるかどうか、ではなく、自分が一生着たいかどうかで選ぶこと ☑「アノニマス」な服を選ぶ トレンドものや、シーズンを象徴するものではなく匿名性の高い服を ☑ シビアに引き算、繊細に足し算 レイヤーは引き算の気持ちを忘れず、繊細に重ねていくこと ☑ カラーパレットは自然界から カラーリングは、自然にある色を意識して選ぶと失敗なし ☑ センシュアリティをひとさじ ほどよいセンシュアルさは、スタイリングの抜け感になる

「強い服」を体になじませる

No image

ジャンプスーツ¥796,000/シャネル ジャージトップス¥172,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) スヌード¥11,000/GALERIE VIE 丸の内店(カラコラムアクセサリー) グローブ¥3,000/ぽこ・あ・ぽこ(ミュージック レッグス)

まばゆく輝くジャンプスーツ(11)が主役の日。インにたまご色のジャージトップス(10)を差せばマイルドな印象に。 首元にニットスヌードを足してドレスダウン。

ニュー・ノーマルなレイヤー

No image

ビスチェ¥310,000・靴¥96,000/クリスチャン ディオール(ディオール) ジャージトップス¥172,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) ヴィンテージのパニエ¥25,000(参考価格)/ヘイトアンドアシュバリー タイツ¥4,300/ぽこ・あ・ぽこ(ミュージック レッグス)

黒いビスチェ(15)にパニエ(7)、レザー風タイツというフェティッシュな着こなしにジャージトップス(10)を入れることで、新しくもあり、ほどよく肩の力が抜けたスタイルが完成。

フリルブラウスは甘く着ない

No image

ブラウス¥79,000/イザ(パトゥ) ヴィンテージのフリンジブラトップ¥17,000/ジャンティーク パンツ¥250,000(参考価格)/クリスチャン ディオール(ディオール) ブーツ¥24,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ドクターマーチン)

前立てにかぎ針編みレースをあしらった丸襟のブラウス(3)。側章入りパンツ(16)を合わせてお利口に、と思いきやそこにフリンジブラトップとドクターマーチンのブーツを合わせて可愛い反逆精神を薫らせる。

セットアップにドレスを挟む

No image

ビスチェ¥310,000・パンツ¥250,000(参考価格)/クリスチャン ディオール(ディオール) ドレス¥230,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(セシリー バンセン)

ディオールのビスチェ(15)とパンツ(16)のセットアップは、そのまま着ても絶品だが、気分を変えたい日にはインに正反対のムードのスモックドレス(14)をまとってみる。シュガートーンの生地から透ける肌がセンシュアル。

ロングベストの新たな着方

No image

ロングベスト¥230,000/グッチ ジャパン(グッチ)  ブラウス¥79,000/イザ(パトゥ) ヴィンテージのレーススカート(トップス・帽子との3点セットで)¥78,545/ジャンティーク タイツ¥1,600/ぽこ・あ・ぽこ(ミュージック レッグス) ヘルメット¥44,700/ル・シャルム・ドゥ・フィーフィー・エ・ファーファー(ハーヴィー・サントス) 靴¥115,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

キャラメルブラウンのかっちりとしたロングベスト(13)を際立たせるべく、インのブラウス(3)とレーススカート(12)は白からオフホワイトのトーンで統一。同じかぎ針編みで質感も韻を踏む。ヘルメットや網タイツなど、小物使いで心地よい違和感を足して。

「ちょっとそこまで」もスペシャルに

No image

プルオーバーコート¥57,000/ロンハーマン(メキパ) ジャンプスーツ¥796,000・バッグ(5点セットで)¥2,800,000・靴¥86,000/シャネル

きらびやかなジャンプスーツ(11)を、ワンマイルのお出かけ着としてまとう日。フーディのプルオーバーコート(1)をさっと被り、ミニバッグだけ持ってエフォートレスに。

ブラウンはニュー・ブラック

No image

オールインワン¥1,540,000・ネックレス¥211,000/エルメスジャポン(エルメス) ロングベスト¥230,000/グッチ ジャパン(グッチ) パンツ¥127,500/エドストローム オフィス(OAMC)

上質なレザーのオールインワン(9)に、同じくブラウンのキルティングパンツ(4)を重ねばきして質感に奥行きを出す。ロングベスト(13)をショールのように羽織ってカラーのアクセントを。ブラウンを制する者は新時代を制す。

新ユニフォームはオールインワン

No image

オールインワン¥1,540,000・ブーツ¥303,000/エルメスジャポン(エルメス) 中に着たニットオールインワン¥43,200(ベースレンジ)・ボディスーツ¥19,500(シモーネ ワイルド)/エイチビューティ&ユース 帽子¥67,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー)

360度完璧なシルエットを生み出すなめらかなレザーのオールインワン(9)。毎日でもまといたい着心地のよさだ。ニットオールインワン(2)を仕込み、サイドや裾からちらりと見せる。ボディスーツのグリーンとニットのピンクの色合わせがアクセントに。ハットでドラマチックに仕上げて。

夢見心地のダウンスタイル

No image

ダウンコート¥323,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)  サテンシャツ¥172,000・スカート¥237,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー) ヴィンテージのレーススカート(トップス・帽子との3点セットで)¥78,545/ジャンティーク

防寒着としてではなく、ドレスアップとしてダウンをまとう提案。サテンのシャツ(6)とスカート(5)に、かぎ針編みレーススカート(12)を重ねて粉雪が降り積もったような質感をプラス。そこに同じくホワイトのダウンコート(8)をまとえば、ドリーミーなスタイリングが完成。

SOURCE:SPUR 2020年10月号「大好きな16着と生きていく」
photography: Kiyoe Ozawa styling: Tomoko Kojima hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉  make-up: UDA 〈mekashi project〉 model: Rina Ohta

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加