オズワルド、『Laughter Night』優勝! - ミス回顧も「恥ずかしくて...」

オズワルド、『Laughter Night』優勝! - ミス回顧も「恥ずかしくて...」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/18
No image

芸人発掘番組『マイナビ Laughter Night』(TBSラジオ/毎週金曜 24:00~)の第6回チャンピオンライブが、17日に東京・よみうりホールで開催された。お笑いコンビ・オズワルドが優勝し、TBSラジオでの2時間冠特番の権利と賞金100万円を獲得した。

『Laughter Night』チャンピオンライブ全出演者決定 - ゲスト出演者も

このライブは、同番組の月間チャンピオンが集結し、観客投票でグランドチャンピオンを決めるというもの。ファイヤーサンダー、オズワルド、カラタチ、ラランド、ぼる塾、蛙亭、ヤーレンズ、吉住、錦鯉の順でネタを披露した。

2組目に登場したオズワルドは、ツッコミの伊藤俊介が後々言うべきフレーズを先に口走ってしまう痛恨のミス。何とか立て直すも、司会を務めた南海キャンディーズの山里亮太いわく、「袖に戻った伊藤くんが膝から崩れ落ちていた」という。

伊藤は自らのミスを悔い、自戒の念を込めて「万が一優勝したら今日中に50万使います」と宣言。結果、オズワルドは優勝を果たし、さらに、ファイヤーサンダーが「マイナビ賞」に選ばれて賞金10万円を獲得した。

ライブを終えた直後に、グランドチャンピオンに輝いたオズワルドと、「マイナビ賞」を受賞したファイヤーサンダーが、それぞれ取材に応じた。

ファイヤーサンダーの崎山祐は「トップバッターで不利だなと思い、『マイナビ賞』に切り替えていたので狙い通りです」とニヤリ。賞金10万円の使い道については「僕が全部ネタを考えているので、まずは5:5にするのかという話し合いから始めたいです」と冗談を飛ばし、相方の藤田崇之から「パワハラやで(笑)」とツッコまれていた。

オズワルドの畠中悠は「僕らは賞レースで1回もチャンピオンになったことがないので、1個、称号を獲得したのがすごくうれしいです」と笑顔。相方の伊藤も「負け癖を付けたくなかったので、勝ててこのままM-1に行けるのがうれしいです」と喜んだ。

優勝賞金は公約通り「今日中に使います」と伊藤。ミスした瞬間を振り返り「そっと目を閉じてしまいたかったです。ほんと恥ずかしくて死にそうでした(笑)」と苦い表情に。そして、冠特番に呼びたいゲストの話題になると、伊藤は「妹が天才女優なので、『ラジオ出してあげるけど』と言いたい。向こうの出方次第ですけど」と、妹・伊藤沙莉との共演をほのめかした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加