「流れが悪くなりそうなところで入ってくれた」松山英樹が首位でホールアウト!

「流れが悪くなりそうなところで入ってくれた」松山英樹が首位でホールアウト!

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/04/09
No image

好スタートを切った松山英樹|撮影:GettyImages

<マスターズ 初日◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

海外メジャー「マスターズ」の初日、日本勢唯一の出場となる松山英樹は1イーグル・2バーディ・1ボギーの「69」でホールアウト。3アンダーと首位タイでホールアウトした。

松山英樹の2021年ドライバースイング【連続写真】

松山は最初パー5となる2番で6メートルを沈めてバーディを先行させると、同じくパー5の8番では7メートルを沈めてイーグルを奪取。折り返してからも13番パー5で4メートルを沈めてスコアを伸ばしたが、17番で3パットを喫してボギー。18番でもティショットをフェアウェイバンカーに入れ、2打目もガードバンカーにつかまったが寄せてパーをセーブ。リーダーボードの一番上で最初の18ホールを終えた。

ホールアウト後のインタビューでは、「グリーンがタフな状況なので、17番以外はいいプレーができたと思う」と振り返った松山。「流れが悪くなりそうなところで入ってくれたのが良かった」と安どした表情を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加