12月の単行本新刊!|新刊情報

12月の単行本新刊!|新刊情報

  • 幻冬舎plus
  • 更新日:2021/11/25

『BANANA DIARY 2022-2023 甘やかし』吉本ばなな 12月8日発売予定 定価1760円(本体1600円+税)

手帳と言葉が一つになった、心がほどけるヒーリング・ダイアリー。

この本を手にしたみなさんに、
氷砂糖のひとかけらみたいに、
人生の自由の甘みが届きますように。
吉本ばなな

来年はどんな年になるだろう?
嫌な予感がしたらお祈りで包む。
命があればいい、と欲をごみ箱に捨てる。
いちばん大切な人を大目に見るみたいに、自分を許しまくる。
いいよいいよ、間違うことはあるし。
寝不足だったんじゃない?
少し横になったら? お茶でも飲む?
自分が自分にどれだけきつく厳しくあたっていたか、よくわかる。
思いつめて、考えに考えてねじれながら辿り着く場所と、
ただ心を鎮めて待って待って開ける場所は同じだったりする。
だからなるべく呼吸を止めずに、ゆうゆうと歩こう。

『ミス・パーフェクトが行く!』横関大 12月8日発売予定 定価1760円(本体1600円+税)

進むところ、問題はあれど、敵はなし。
「その問題、私が解決させていただきます」この女、何者?!

『ルパンの娘』(ドラマ化、映画化)、『K2』(ドラマ化)の著者による、世直しエンタメ。
前代未聞、全知全能、自由自在。ミス・パーフェクトの問題集……全問正解なるか?!

真波莉子は厚生労働省雇用環境・均等局総務課に所属している。いわゆるキャリア官僚だ。
第一問 某政治家の炎上発言を収束させなさい。
第二問 某ファミレスの売り上げワーストワンの店舗を何とかしなさい。
第三問 某航空会社の客室乗務員のセカンドキャリアについて考えなさい。
第四問 赤字経営が続く某市立病院の経営を立て直しなさい。
炎上霞ヶ関→売り上げ最下位ファミレス→リストラ航空会社→赤字病院。進むところ、問題あれど、敵はなし!

『生きるために、捨ててみた』だいたひかる 12月8日発売予定 定価1320円(本体1200円+税)

40歳で、乳がん発覚。絶望を吹っ切るために片づけてみたら、本当にいるもの、いらないものが見えてきた――。45歳で奇跡の妊娠! 話題の女芸人が贈る、5年間にわたるモノ、コト、人の片づけ記録。

未来を良くしたいのは、「私だけ」ではないはず。 片づけたら、未来が見えてきた――。
思い出の写真だって、捨てていい/「再利用しよう」ほど、無駄なことはないかもしれない/冷蔵庫の片づけは、自分のからだも家族も喜ぶ/”せっかく来たんだからテンション”でモノを買わない/がんになって「地球ってテーマパーク」と気づいた! /「死んでもいいからやってみたい」不妊治療へのチャレンジ

『武器としてのヒップホップ』ダースレイダー 12月8日発売予定 定価1540円(本体1400円+税)

ヒップホップは逆転現象だ。病、貧困、劣等感……。パワーの絶対値だけを力に変える!
自らも脳梗塞、余命5年の宣告をヒップホップによって救われた、博学の現役ラッパーが鮮やかに紐解く、その哲学、使い道。

DJのように過去と現在をつなげ、MCのように混沌を乗りこなせ、スクラッチは自分だけが世界に刻む新しい音だ!

1973年のアメリカの手作りパーティから始まったヒップホップは、今、世界でもっとも聞かれる音楽ジャンルだ。ヒップホップは、常に前提を問う。お前は誰だ? お前は今どこにいるんだ? どこから来たのか? どこへ行くのか? 繰り返されるこれらの問いが世界の流れを知覚させる。
「The MC」「Break」「 Beat」「Loop」……28のヒップホップ用語を軸に、逆境の乗り越え方、隙間をつく思考法、日常の目の付け所など、ヒップホップの精神とともに、閉じ行く社会のなかで、瓦礫を搔い潜る生き方を伝授する。

『世界で勝てない日本企業 壊れた同盟』カルロス・ゴーン、フィリップ・リエス (著), 広野 和美、小金 輝彦 (翻訳) 12月16日発売予定 定価2640円(本体2400円+税)

【カルロス・ゴーン、衝撃の脱走後、初の著書】

日産の問題は、日本の問題。
カルロス・ゴーン事件が投げかけたのは、実は日本企業の本質を深く抉ったものだった。
日本の本質的な問題は太平洋戦争のときから何も変わっていないー。
なぜ日本企業は世界で勝てないのか?
なぜ同盟関係は壊れてしまったのか?
本書で明かされる日産の陰謀・人質司法・サディズムな裁判官……。
「地獄にいた私は決行することにした。もし作戦が成功すれば人生を取り戻すことができる」

序章
第1章 一一月一九日
第2章 冷たい地獄のような小菅
第3章 "日本版"モスクワ裁判
第4章 なぜ?
第5章 譲歩
第6章 アライアンスのふたつのビジョン
第7章 龍と舞い、熊と踊る
第8章 アメリカン・ドリーム
第9章 なんとしてもグローバリゼーション
第10章 どうやって世界一になるか?
第11章 人的資本
第12章 偉大な経営者たちの市場
第13章 明日
エピローグ(現在のところは)

『少ないもので料理する シンプルな台所で、ミニマム・クッキング』ドミニック・ローホー 原秋子(翻訳) 12月16日発売予定 定価1430円(本体1300円+税)

空腹を満たす為だけの食生活を送る人が増えているこの頃。
料理は実際に私たちが「存在している」ことを実感させてくれる、最良のセラピーです。
楽しく料理するためのポイントや心構えとは?

【目次抜粋】
序文 私たちはますます料理をしなくなっている
冷凍食品・レトルト・テイクアウトは、食を変えた
楽しく料理するために                    ほか

第一章 キッチン空間、キッチン道具、食器
人間工学的で使い易いキッチンの重要性
“極めつけ”のキッチン道具
有害な物質を高品質のものと交換する
最高の調理法
食器の数は少なく、でも自分らしいものを        ほか

第二章 買い物、食品の保存方法
●買い物せずには自炊はできません
食品の賢い保存方法
●長期保存の乾物
●パントリーに必ずストックしておく食品
自炊費用と市販の調理済み食品の価格をくらべてみると    ほか

第三章 レシピや手順よりもちょっとした調理の技術と即興の技
レシピ無しで作る料理
●遊び心と思いつきで作る料理
●失敗するのを恐れない
料理はメニューを決めることよりも組み合わせが肝心……
●ミニマムな食事の組み合わせ方法
●計画的な食事作りをしますか?
フライパンひとつで完成する一品料理
それでもレシピが必要と言う方に……            ほか

第四章 手順良く清潔に料理する喜び
手順よく料理する
いつも清潔なキッチン                    ほか

おしまいに 料理することは誰もが得られる小さな幸せ

『泣いてちゃごはんに遅れるよ』寿木けい 12月16日発売予定 定価1540円(本体1400円+税)

ままならない日も、涙に舵はとらせない。
料理、家族、仕事、社交。笑顔と涙、頑固と寛容、面倒と小さな喜び――。
女の人生のやりくりを描く25篇のエッセイ。

台所から、生き方を考える。『わたしのごちそう365』で話題の著者最新刊!

〈目次〉
・かまどの神様 自己紹介に代えて・食いしん坊の心得・ゴム手袋に告ぐ・こたこたなもん・三月の蓑、八月の鯨・ルイさんの声・二四〇〇年の家事・不祝儀・桜の木、檸檬の木・手のひらの東京・同級生・新宿ケセラセラ・終戦記念日のシュプレヒコール・叱るという字、裁くという字・日記・ただ白いクロスを汚したくないだけ・空飛ぶ手紙 ほか

『空想 妖怪解剖図』天野行雄 12月16日発売予定 定価1540円(本体1400円+税)

覗いてみよう。身の回りにいる、妖怪たちの腹の中。

厳選した40種を全身解剖!
大人から子どもまで、見て、読んで、怖くて、面白い!
世にも奇妙な「怪体新書」。
情報満載。妖怪の身体に、こんなすごい秘密があったなんて!

(水辺の妖怪)
小豆洗い・河童・人魚・海坊主・蜃・牛鬼・女郎蜘蛛・アマビエ
(山の妖怪)
山童・子泣き爺・鬼・一本だたら・わいら・雪女・魃・天狗
(道の妖怪)
鎌鼬・すねこすり・ぬりかべ・鶴瓶火・見越し入道・茶袋・夜泣き石・産女
(里の妖怪)
一つ目小僧・雷獣・砂かけ婆・野衾・がしゃどくろ・ぬっぺっほふ・髪切り・一反木綿
(家の妖怪)
ろくろ首・網剪・目目連・天井下り・幽霊・猫又・垢嘗・座敷童子

『今から、これから。好きを感じる美容と生活』福本敦子 12月23日発売予定 定価1870円(本体1700円+税)

「#敦子スメ」を取り入れた生活が、人生をよりよく変えていく!
20代、30代を中心に世代を超えて、オーガニックコスメの魅力を伝える
美容コラムニスト、福本敦子さんの書籍第2弾。
完売必至の「#敦子スメ」最新版がこの1冊に。
全168ページに登場するアイテムは約185点。前作以上に、より一歩踏み込んだ実践的な紹介がずらり。

コロナ禍でスローダウンした新しい時代。
誰もが自分にとっての心地いい生き方とは? を考えました。今回の本は、福本さん独自のオーガニック美容法を4つの生活に分け、読む方たちの暮らしにいま必要なコスメや生き方のヒントになるケアを自由にピックアップしてもらえるよう構成しています。

本には4つの生活――1ちゃんと感じて生きる生活 2強さをもたらす生活 3流れに乗る生活 4自分を愛する生活 が収録されています。

「ちゃんと感じて生きる生活」は、朝昼夜のセルフケア、自分にフィットする香りや彩りの楽しみ方を中心に。「強さをもたらす生活」では、入浴や睡眠の工夫、温活や冷活、季節のケアなど身体の内側にパワーを満たす方法をお届け。季節や星の流れ、人生の流れなど目に見えない流れを味方にして、タイミングをうまく掴むための過ごし方は、「流れに乗る生活」でご紹介。これからの時代に大切にしたい「自分を愛する生活」は、生理の乗りこなし方のコツや、フラワーエッセンスを使った自分の身体や心の状態の整え方などが綴られます。

登場する約185点のアイテムを、どんなタイミングでどのように取り入れるのか? 福本さんならではの視点と切り口で一歩踏み込んだ実践的なやり方をおすすめしています。人生で大変なときの自分との向き合い方や仕事の楽しみ方などコラムページも超充実。

きれいになるだけでなく、その人が内面から輝けるための提案をする福本さんの美容論。
この一冊を読めば、自分に必要な美容のTIPSを知れて、毎日を生きるモチベーションがじわじわと湧いてくるはず。

たくさんの方が、自分の“好き”をもっと感じて生きる、これからの生活のサポート本に。今から、これから、心機一転したい、自分らしいライフスタイルに変えていきたい方におすすめの新オーガニックコスメのバイブル進化版です。

<新刊情報>の記事をもっと読む

幻冬舎編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加