緊急事態宣言拡大 岡山・香川両県知事の受け止め【岡山・香川】

緊急事態宣言拡大 岡山・香川両県知事の受け止め【岡山・香川】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/01/14
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

緊急事態宣言の拡大について岡山・香川、両県知事の受け止めです。

岡山県の伊原木知事は、「近隣府県で医療体制がひっ迫している状況を見れば近い将来、岡山県がこうした状況に陥る恐れも十分ある」と、宣言はひとごとではないと強調しました。その上で、宣言が出された地域との不要不急の往来を控えること。長時間、大人数での会食を自粛することなどを県民に求めました。また、12日の段階で宣言の対象拡大について次のように話しました。

(岡山県 伊原木隆太知事)

「周辺県が何らかの形で感染のコントロールができない状況になると、当然悪影響が岡山県にも及ぶ。今回、(国は感染を)抑えるという形で、明確 に方向転換をされた。私はそれを歓迎したい」

一方、香川県の浜田知事は新たに緊急事態宣言の対象となった地域のうち、香川とつながりが深い大阪、京都、兵庫との往来について慎重に検討するよう求めています。

(香川県 浜田恵造知事)

「(特に関西は)ビジネスや流通でつながりが深い地域なので往来が多いが移動について慎重に検討してもらいやむを得ず往来する場合も基本的な感染防止対策の

徹底をお願いしたい」

また、浜田知事は現時点では国に対し緊急事態宣言の発令を求めない考えも示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加