欠場&棄権者続出の女子ツアー “夏場”を乗り切れた者が後半戦を制する?

欠場&棄権者続出の女子ツアー “夏場”を乗り切れた者が後半戦を制する?

  • e!Golf
  • 更新日:2022/08/06

コンディションを崩す選手が続出

◆国内女子プロゴルフ<北海道meijiカップ 8月5~7日 札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道) 6557ヤード・パー72>

夏にゴルフをするには快適な北海道。今週開催されている国内女子ツアー「北海道meijiカップ」も連日、天候に恵まれ、初日の気温は22.4度、2日目は21.4度ととても過ごしやすい。

東京や大阪の蒸し暑さに慣れている筆者にとっては、北海道の夏は天国と言っていいくらいだ。

【写真】頻繁に着替える酷暑ゴルフに最適! リーズナブルな「しまむら」ウエアとは?

No image

「疲れが残っている」と明かした菊地絵理香は通算イーブンパーで2日目を終えた 写真:Getty Images

選手にとっても、ラウンドしやすい気候で熱中症になる心配も少ない。ただ、一方で今大会は、コンディションを崩している選手が多いのも目についた。

事前エントリーした選手のうち6名(植竹希望、竹田麗央、安田彩乃、安田祐香、臼井麗香、渡邉彩香)が欠場した。

欠場理由も左手首痛、左足首痛、背中痛、体調不良などさまざまだ。さらに初日には福山恵梨が左手首痛で、2日目にはささきしょうこが腰痛、小野祐夢が首痛のために棄権した。

先週は、兵庫県で連日30度超えの猛暑の中「楽天スーパーレディース」が開催。

北海道出身の菊地絵理香は「先週の暑さの疲れが残っている」と打ち明け、上田桃子も「毎年6月に首や背中を痛めることが多くて、疲れてくると気圧の関係か分からないけれど、痛むところが出てきます」と、ここ3週間くらいはほとんど練習ができていないと明かしていた。

つまり女子ツアーは後半戦、特に夏場をどう乗り切るのかが、大きなポイントになっていることがよく分かる。

ちなみに、2006年6月開催の「We Love KOBEサントリーレディスオープン」では、11人が欠場、3人が棄権しており、数人の欠場者が出るのはそれほど珍しい話ではないのだが、やはり連戦が続いて疲労がたまりやすい、6月から8月にかけて欠場者が増えるようだ。

来週の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は長野県・軽井沢での開催。日本有数の避暑地とはいえ、猛暑は容赦なく襲ってくる。

いずれにしても、選手たちは“夏場対策”が必須に。疲労の蓄積で体の痛みを訴える選手は、今後も出てくるかもしれない。

キム・ミョンウ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加