大坂、全豪OP連覇へ「最高の状態」 体調万全アピール

大坂、全豪OP連覇へ「最高の状態」 体調万全アピール

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/01/15
No image

2021年の全豪オープンテニスで女子シングルスを制した大坂なおみ(2021年2月20日撮影)。

【AFP=時事】女子テニス、四大大会(グランドスラム)通算4勝の大坂なおみは15日、大会連覇を目指す全豪オープンに向けて体調は万全であると明言した。1週間前の前哨戦では、4か月ぶりの実戦復帰で「体が驚いた」として途中棄権していた。

昨年はシーズン途中にうつに苦しんできたことを明かし、長期の休養を取った大坂は、前週のメルボルン・サマー・セット1で復帰。腹部のけがで準決勝を棄権したが、3試合に勝利して好調な様子を見せていた。

2019年と2021年に優勝を経験した全豪オープンに戻ってきた大坂は、報道陣に対し、「自分は回復がとても早い。現時点では最高の状態」とした一方で、「だけどアスリートに問題は付き物。何の違和感もなくグランドスラムでプレーするのは不可能に近い」と話した。

「全豪オープンでプレーするのは、自分にとって大きな意味がある。初めて勝ったグランドスラムではないけれど、ここでシーズンの幕を開けるのは、1年全体の勢いにつながると感じている」

「オーストラリアへ来る時は他とは違う感覚がある。誰もが本当に温かくて歓迎してくれる。ここでの厳しい戦いは全て覚えている。それがとても前向きな気持ちであるのは間違いない」

今季グランドスラム初戦の全豪オープンは、17日に開幕する。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加