【ジャガールクルト】大人が持ちたい「資産になる腕時計」【憧れブランドの名品ウォッチ】

【ジャガールクルト】大人が持ちたい「資産になる腕時計」【憧れブランドの名品ウォッチ】

  • CLASSY.
  • 更新日:2022/08/07

ちゃんとした大人への第一歩になる、“いい時計”。一生モノのアイテムだから、ブランドの成り立ちから名品と呼ばれる所以まで知って手に入れたいもの。時計自体のデザインにもストーリーにも心惹かれる1本を選び抜き、長く愛用し続けることでモノ以上の存在になっていくはず。

[Jaeger-LeCoultre]190年近い歴史を誇るスイスの名門

来年創業190周年を迎えるジャガー・ルクルト。スイスで生まれ、製造のすべてを自社工房で一貫して手掛け高い品質と美しさを追求した数々のコレクションを発表。「レベルソ」は1931年、イギリス領インド帝国で行われたポロの試合で多くの腕時計が破損したことに腹を立てたイギリス人将校がルクルト社に腕時計開発を依頼し、誕生。オーセンティックな存在で各国のセレブリティや知識人にも愛され続ける、メゾンのアイコンピース。

No image

パーソナライズを楽しめる名作で自分だけの物語を刻みたい
ラテン語で回転する、の意味を持つ「レベルソ」。ダイヤルが反転して両面楽しめる仕様で、裏面のシンプルなモノフェイス面にはイニシャルやイラストを施したパーソナライズも可能。時計「レベルソ・クラシック・スモール」〈ステンレススティール×レザーストラップ,ケース35.78×21㎜,手巻〉¥765,600(ジャガー・ルクルト)

撮影/金谷章平 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加