『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』迫力の本編プレビュー解禁!

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』迫力の本編プレビュー解禁!

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2023/01/25
No image

映画の枠を超え、全世界で社会現象を巻き起こし歴史を 変えた『ブラックパンサー』(18)の続編、MCUの超大作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』。2023年2月1日(水)の『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』デジタル配信開始(購入)を記念し、迫力の約5分の本編プレビューが解禁となった。
※2月1日(水)デジタル配信開始(購入)、2月15日(水)デジタル配信開始(レンタル)。

全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(22)など、観客を熱狂の渦に巻き込み続けているマーベル・スタジオが贈る最新作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』。
興行収入12.5億円、延べ82万人を動員し、さらに、アカデミー賞(R)の前哨戦と言われる第80回ゴールデングローブ賞では、助演女優賞と主題歌賞の2部門でノミネート、アンジェラ・バセットが見事助演女優賞を受賞するなどの記録を打ち立て、名実ともにMCUの代表作の一つとなった。

ヒーロー映画としては ”初” となるアカデミー賞(R)作品賞ノミネート〈第91回アカデミー賞(R)で作品賞を含む7部門ノミネート、作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞〉など、ヒーロー映画の枠を超え、まさにエンターテインメント史に名を刻む事となった『ブラックパンサー』から4年…待望の第2弾の舞台は、偉大な王であり、ヒーロー ”ブラックパンサー” であるティ・チャラを失ったワカンダ。
国中が悲しみに包まれながらも、貴重な鉱物ヴィブラニウムを他国から守る中、新たな敵 ”謎の海の帝国タロカン” からの脅威が迫る。
海中を脅威のスピードで移動し、足首の羽で自由に空を駆け巡る、タロカンの国王ネイモアの狙いとはー?

また、劇場公開直後から、ヒーロー ”ブラックパンサー” 亡き後、彼を救えなかったことに苦しむ妹シュリ、息子の跡を継いで国王となった母ラモンダ、誰よりも国王に忠誠を誓っていた親衛隊長オコエ、哀しみのあまりワカンダを去った元恋人ナキアなど、ブラックパンサーを失った哀しみから少しずつ立ち直っていく彼らが織り成すストーリー展開にも、世界中から感動や共感する声が多く上がった。

この度解禁となったのは、女王ラモンダが国連の総会で世界各国の首脳陣と対峙する、迫力の約5分の本編プレビュー。

息子でありブラックパンサーである国王ティ・チャラを失った悲しみの中、ワカンダの女王となったラモンダは、各国の首脳陣からワカンダ王国が保有する貴重な金属「ヴィブラニウム」を独り占めしていると激しく非難される。
それに対しラモンダは、ヴィブラニウムを奪おうとやってきた一味を、国の親衛隊「ドーラ・ミラージュ」に捕らえさせ、逆に他国を「侵略者」として糾弾し返す。

夫も息子も失うという激しい喪失感を背負いながら、弱さを一切感じさせず圧倒的な迫力と女王の貫録を魅せるアンジェラ・バセットの演技が光る、珠玉のシーンだ。

ブラックパンサーことティ・チャラの想いを引き継ぎ、監督のライアン・クーグラーを中心にすべてのキャストやスタッフが、まさに全身全霊を込めて作り上げたエモーショナルでドラマティックな超大作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』。
3月29日(水)発売のMovieNEXと4K UHD MovieNEXや、2月1日(水)からのデジタル配信(購入)でぜひお楽しみあれ!

>>>ジャケット写真や場面写真を見る(写真5点)

(C) 2023 MARVEL

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加