SUV販売ランキング1位の「ヤリスクロス」の魅力を日常使いから探る

SUV販売ランキング1位の「ヤリスクロス」の魅力を日常使いから探る

  • ASCII.jp
  • 更新日:2022/05/14
No image

自動車ライターの矢田部明子です。今回は、2021年にSUVの販売ランキング1位に輝いたトヨタの「ヤリスクロス」に試乗しました。おもに日常使いをして「良かったこと&気になるところ」、ヤリスと比べてどう違うのか? などを包み隠さずお伝えします。購入をご検討されていらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください!

「ヤリスクロス」はこんな車

ヤリスの派生車種、SUVモデルとして登場した「ヤリスクロス」ですが、その魅力の1つとして、「収納力」があげられます。ラゲージルームの容量は390L、リアシートを倒せば1102Lと、家族連れやアウトドアが趣味の方にもピッタリな仕様となっています。ほかには、駐車したいスペースの横に停まり、スイッチを押すと駐車操作をアシストしてくれる便利機能などが付いているのも◎。高速道路では、車線中央を走行する&渋滞時の追従走行を支援してくれるなどの運転支援システムも充実しています。普段使いもでき、運転も楽々&安心! というのが大きなポイントです。

今回はヤリスクロスについてレビューしましたが、ヤリスについても過去に紹介しています!

No image

トヨタ「ヤリス」

そちらでは、価格帯のことなども書いていますので、兼ねてチェックしてみてください(トヨタ「ヤリス」に乗ったら売れまくっている理由が今さらよくわかった

No image

ヤリスクロスのチェックポイント その1 ボディーサイズ

ホイールベースや全長、全幅など、ヤリスと比べると、当たり前ですがヤリスクロスの方がサイズが大きいことは、頭に入れておきたいポイントです。ちなみに、ヤリスは5ナンバー、ヤリスクロスは3ナンバーとなります。

No image

個人的に驚いたのは、最低地上高が25~30mmしか上がっていなかったことです。サイドシル&フェンダー部分が黒いので、数値よりももっと上がって見えたのです。より大きく、たくましく見えるSUVらしいデザインはGoodです。

サイズがちょっと大きいゆえに起こった駐車場事情

コンパクトSUVと謳われることが多いクルマや、同シリーズのヤリスは、サイズ的に都内の駐車場に難なく停車できたため、ヤリスクロスもそうだろうと勝手に思っていました(自分が悪いのは大前提として、私と同じ方がいらっしゃるかもと思いお伝えします)。

ところが、都内にある機械式駐車場は、全幅1700mm以下のサイズ制限を設けている場所が多く、探すのにとても苦労しました……。そればかりか、私が実際に撮影していた都内は、「車高1550mmまで」と制限のある駐車場も多かったので、車高1590mmのヤリスクロスの駐車場がなかなか見つかりませんでした。あとちょっとなのに……! と、何度も打ちひしがれるという(笑)。ヤリスより少しサイズが大きいので、駐車場も限られてしまうことを覚えておきましょう。

ヤリスクロスのチェックポイント その1 走行性能

No image

小回りが効く&サイズ的に街乗りに最適なので、かなり運転しやすかったです。また、凹凸を越えても、振動をストンと吸収してくれるので、乗り心地が良いのも◎。高速道路の運転もしやすく、アクセルを踏めばキレのある加速をしてくれるので合流時も怖くありません。車内も静かなので、大人数でのお出かけにも最適なクルマです。

No image

ただ、ヤリスと同様に前方視界は良好なのですが、Cピラーが太いので、後方は右左が見えずらいです。駐車時の安全確認や、都内を走っていると信号待ちや交差点を曲がる時に自転車が後ろから追い越していくシーンが多く、Cピラーで見えずらい位置から来られるとヒヤッとしました。とはいえ、ヤリスよりも後方視界が良いので、その結果、運転がしやすいと感じました。

ヤリスクロスのチェックポイント その3 スペースを利用して、よく考えられた収納

機構的に決して広いとはいえないスペースを利用して、様々な収納が取り付けられています。今回は、私がグッときた収納を紹介していきます。

No image

運転席&助手席ドア部分にあるドリンクホルダー

なんと、紙パックが入るんです! 紙パックジュース愛好家の私としては、すごくうれしいポイントです。ちなみに、センターコンソール部分のドリンクホルダーにはペットボトルしか入りません。

助手席下にある引き出しには、かばんなどの厚さがある荷物は入りません。ノートやスマホといった、薄いものなら収納できます。

No image

ローソンのうずまきロールがピッタリです

後席のドアに付いているドリンクホルダーには、660mlの大きめのペットボトルもしっかり入ります! たまに、660ml入らないという車種もありますが、ヤリスクロスはOKでした。

No image

フロントコンソール上部にUSBソケットがあるのですが、スマホを充電した時にコードがシフトレバーにひかかってしまうのと、若干スマホがはみ出てしまうのが気になりました。

あとは、車内で食事をすることが多い私の意見になってしまうのですが、ゴミ袋を引っ掛けるフックが1つも付いていないことが残念でした。ただ、車内の居住スペースを考えると、袋を引っ掛けて吊るすと狭くなってしまうし、あえて付けていないのかな? とも考えられます。

ヤリスクロスのチェックポイント その4 居住性&シートアレンジ

シートの座り心地は、身体を預けると少し反発するくらいの固さで、長時間運転していても疲れませんでした。低反発枕を少しだけ固くしたというイメージが分かりやすいかと思います。ヤリスと大きく違うのは、後席の居住スペースです。室内高が大きくなったため圧迫感を感じず、自然光が入り込み、ヤリスより過ごしやすいと感じました。

No image

助手席を1番後ろにスライドさせると、拳2個分しかスペースがないので、こんな感じになります。足が、ギリギリ入るか……というくらい狭いです

No image

助手席を1番前に出すとこんな感じ

足元は拳4.5個分、頭上は拳2.5個分くらいの余裕があります。私は、ドライビングポジションが真ん中より少し前なので、後席に座った人は「広いね~」と言っていました。

荷室は、スマートキーを携帯していれば、リヤバンパーの下に足を出し入れするだけでバックドアが自動開閉(ハンズフリーパワーバックドア)します。

No image

座ると、こんな感じ

身長158cmの私の場合は、拳2個分の隙間が足元にあります。ちなみに、荷室のフロアは取り外しが可能になっていて、フロアを外すと通常時よりも荷物を積むことができます。

No image

後席を倒して寝転ぶと、こんな感じ

斜めになれば、寝転ぶことができます。床が絨毯生地なので、肌触りも悪くありませんが、運転席にいくにつれ傾斜がついているので、車中泊だと寝にくい……と感じる人もいるかもしれません。

No image

後席を倒したときに、荷室と後席の境目に、隙間ができてしまうのは残念でした。間に入った細かいゴミや砂などの掃除をするのが大変そうです。

ヤリスクロスのチェックポイント その5 車両カスタムの選択肢が多い

純正品はもちろん、社外品のアフターパーツが多いのも魅力の1つです。ちなみに、メルカリでは大体1000円くらいから販売されているので、比較的気軽に購入することができます。ボディーカラーも15種類あり、色によってイメージがガラリと変わるので、どの色にしようか悩むのも楽しそうです。

リアテールランプの上部分が平になっているのですが、ここに汚れが溜まりやすいので、こまめに拭くことをオススメします。

ということで、今回は「ヤリスクロス」のレビューをしました! この記事では最低限押さえておきたいポイントを、動画では重箱の隅をつつくように詳しく解説&若干辛口コメントもしているので、よろしければご覧ください。

■関連サイト

トヨタ ヤリスクロス

筆者紹介:矢田部明子

中学生の頃、クルマのメカニズムに興味を持ち工業高等専門学校に入学。専門的な知識を学んできました。もちろん、クルマに乗るのも大好きで「ランドクルーザー60→ランドクルーザー76」と乗りついでいます。最近の唯一の癒しは、週末にオフロードに出かけることです!

クルマのメンテナンスなど工業高等専門学校で学んだ知識と経験を活かして、様々な角度からお役立ち情報をお届けしていきたいと思います。

No image

■関連サイト

●Twitter@akikoyatabe

●YouTubeチャンネル矢田部明子のガレージライフ

矢田部明子 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加