幌加内町 "観測史上1位"ドカ雪65センチ 連日の記録的大雪と寒さ続く...札幌は今季一番の冷え込み

幌加内町 "観測史上1位"ドカ雪65センチ 連日の記録的大雪と寒さ続く...札幌は今季一番の冷え込み

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道内は、冬型の気圧配置と上空の寒気の影響で、北部で記録的大雪となっているほか、寒さも厳しくなっています。

11月25日朝の上川地方の幌加内町です。

午前3時までの24時間で65センチの雪が降り、"観測史上一番"の大雪となりました。町民は連日の雪かきに追われています。

幌加内町民:「(Q:朝は除雪何時間ぐらい?)けさで2時間ぐらい。今の雪、湿って重たいのでやっぱり大変なんですよね」

また冷え込みも厳しくなり、25日朝は道内60地点で今季一番の冷え込みになり、札幌市は0.4℃まで下がりました。

札幌市中央区では芝生の上にうっすら雪が積もりましたが、南区の小金湯では10センチの積雪を観測しています。

道内は26日朝にかけても、日本海側の多い所で30~40センチの雪が降る予想です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加