中村獅童、小栗旬主演大河「鎌倉殿の13人」出演決定「今からワクワク」

中村獅童、小栗旬主演大河「鎌倉殿の13人」出演決定「今からワクワク」

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/11/20

【モデルプレス=2020/11/20】歌舞伎俳優の中村獅童が小栗旬が主演を務める2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演することが発表された。

No image

(写真 : 中村獅童(提供写真))

【写真】中村獅童、愛息子と初の2ショット表紙

◆小栗旬主演大河「鎌倉殿の13人」

2004年『新選組!』、2016年『真田丸』に続く3度目の大河脚本となる三谷幸喜氏が今回描くのは、鎌倉幕府二代将軍・源頼家を支えた家臣13人による権力のパワーゲーム。大河初主演となる小栗は、その中の1人で北条政子の弟・北条義時を演じる。

中村は「13人」の一人で、寝返り重臣筆頭となる謎の敵将・梶原景時を演じることが決定。「諸説ある歴史背景とともに、三谷さんがどのように描いてくださるか今からワクワクしています」と心境を明かした。(modelpress編集部)

◆中村獅童コメント

― 「鎌倉殿の13人」出演への意気込み

歌舞伎では『梶原平三誉石切』という演目や、その他様々な演目にも度々登場し私自身も演じた事があります。その人柄は、大悪人と言われる事も多い、悲劇の武将『梶原景時』。でも三谷さんのことだからただの悪人というわけでは無いはず諸説ある歴史背景とともに、三谷さんがどのように描いてくださるか今からワクワクしています。

― 過去の大河ドラマ出演歴

『春日局』『毛利元就』『武蔵』『新選組!』『八重の桜』『いだてん』と実は7つの作品(「鎌倉殿」を含め)に出させていただいています。『春日局』は高校生の時、歌舞伎以外のお芝居の経験がほとんどなく、手も足も出なく、出演部分のほとんどがカットされていました。もしかすると、その時の苦い思いが今日まで役者を続けてこられた要因になっているのかもしれません。

― 三谷さん作品について

『HR』『新選組!』舞台『江戸は燃えているか』に出演させて頂いています。三谷さんはいつも自分が知らない自分を引き出してくださいます。毎回台本をいただくのが楽しみで、読みながら一人でニヤニヤしています。今回もどのように描いてくださるかとても楽しみです。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加