武尊「みんなが“ありがとう”と言ってくれた。涙が止まらなかった」敗戦後初めて思いつづる

武尊「みんなが“ありがとう”と言ってくれた。涙が止まらなかった」敗戦後初めて思いつづる

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/06/26
No image

傷だらけの顔で試合を振り返る武尊(2022年6月19日撮影)

19日に東京ドームで行われた立ち技格闘技イベント「THE MATCH 2022」で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(23)に0-5の判定負けを喫したK-1の3階級制覇王者武尊(30)が23日、敗戦後初めて長文で思いをつづった。

自身のインスタグラムを更新。「この10年間、勝ち続けてることで自分の存在価値があって負けたら全てを失うと思ってた。負けた後の想像をするだけで毎日怖くて寝れなくて今周りにいる人達やファンも負けたらたくさん離れていくのを覚悟してた」と、大きなプレッシャーがあったことを告白。「でもリングを降りて花道を退場しようとしたら敗者の僕に対してたくさんの人が集まってきてくれてみんなが“ありがとう”と言ってくれた。そんな言葉をもらえると思ってなくて涙が止まらなかった。その時の声や景色を思い出すだけで今も涙が止まらなくなる」と、試合から4日がたった現在もファンの声が支えになっていることを明かした。

さらに「勝って報われることは出来なかったけどこんなにたくさんの人に試合を見てもらえてたくさんの人が一緒に泣いてくれて生きる希望をもらいました。と言ってくれる人がいて心と身体がボロボロになっても命を削って戦ったこの10年が報われた気持ちになりました。満席の東京ドームでこんな景色を見せてくれて僕に関わる全ての人達に心から感謝しています。本当にありがとうございました」と感謝した。「心と体を治してまた前を向いて進みます」と、前向きな言葉で締めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加