ダルビッシュは勝敗つかず 5回まで2失点粘投も六回に暗転 継投元阪神スアレスが被弾で勝ち消える

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/16

「ブレーブス-パドレス」(13日、アトランタ)

今季7試合目の先発となったパドレスのダルビッシュ有投手は6回途中5失点で降板した。

5回まで2失点と粘投していたが、六回に1点を失い、さらに二死一、三塁のピンチを招いて降板。後を受けた元阪神のスアレスが逆転3ランを被弾し、勝ち投手の権利が消えた。

その後、七回に味方が逆転し、負け投手となる可能性も消えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加