横山裕が「全力!脱力タイムズ」初出演! 「反省点は全然ないです。やりきりました!(笑)」

横山裕が「全力!脱力タイムズ」初出演! 「反省点は全然ないです。やりきりました!(笑)」

  • TVガイド
  • 更新日:2021/10/14
No image

関ジャニ∞の横山裕とサバンナの高橋茂雄が、10月15日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(金曜午後11:00)に出演する。

同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説する新感覚のニュースバラエティー。

今回は「進化するリモートエンタメ最新情報」を特集する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、エンターテインメント業界では新たな活動形態が生まれた。それが“リモートエンタメ”。出演者が遠隔操作で作品を制作するリモート映画や音楽、演劇、お笑いといったライブのリモート配信は、コロナ禍が長引く中で、今や一般的なものとなってきている。番組では、日々進化を続けるリモートエンタメの最新事情を紹介していく。

スタジオでは、デジタルライブエンターテインメントの市場規模が急拡大している現状や、「リモート美術館」「リモート旅行」といった話題のリモートエンタメについて解説し、今回の本題である「リモート脱出ゲーム」を紹介する。これは離れた場所にいる2人がパソコンでやりとりしながら謎を解いていくゲームで、新たなリモートエンタメとして熱い注目を集めている。番組で独自に制作したオリジナルのリモート脱出ゲームを、脱力メンバーが実際にプレー。その面白さを体感する。

No image

まずは解説員の岸博幸と吉川美代子が挑戦。2人は別々の部屋にいながら、互いに息を合わせて協力し合い、見事謎解きに成功する。続いて挑戦するのは横山と高橋のペア。実際にゲーム制作の仕事に携わった経験も持つ高橋は自信満々で、ましてや気心の知れた横山と一緒なら必ずクリアできるはず、と意気込んでプレーを始めるのだが、これが超難関ゲームとの過酷な闘いの幕開けだった。

番組初登場の横山は「ここまで台本がきっちり用意されているバラエティー番組というのは、やっぱり難しくて。いつもは“台本を崩してください”と言われることが多いんですけど、この番組は筋がしっかりとあるので、そこにどうやって乗っかるのか、そしてどこまで崩すのか、そういったあたりを考えながら収録に臨みました」と舞台裏を明かす。反省点はないようで「やりきりました!(笑)」と手応え十分。

公私ともに親交のある高橋との共演については「他局の番組で毎週ご一緒していますし、関ジャニ∞の番組にも、よくゲストで来てくださるので。回数で言うたら、相方の八木(真澄)さんよりも多いんじゃないかっていうくらい(笑)、高橋さんとはよく会ってますね」と明かした上で、「一番の見どころは、高橋さんの“てんやわんや”じゃないでしょうか。今回はとにかく、高橋さんのお笑い芸人としてのすごさをあらためて感じました。リアクションもめちゃめちゃ早いし、瞬発力がとんでもない。とにかく面白いので、視聴者の方にもぜひ、注目していただけたらと思います」と見どころに挙げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加