『極主夫道』原作でも大人気「銀のさんぽ」実写化、梶裕貴&下野紘ら豪華共演

『極主夫道』原作でも大人気「銀のさんぽ」実写化、梶裕貴&下野紘ら豪華共演

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2020/11/22

読売テレビ・日本テレビ系で日曜夜10時30分から放送中の日曜ドラマ『極主夫道』。「くらげバンチ」(新潮社)で連載中のヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が演じている。

原作コミックス巻末のおまけで描かれている、大人気エピソード「銀のさんぽ」。「いい夫婦の日」でもあり、「いいニャンニャンの日」でもある11月22日を記念して、“銀”による実写ドラマ化が決定。

主演の“銀”は、もちろん、ドラマにも出演中のマシロだ。飼い主“龍”の影響を受けて、関西弁や極道言葉を使う、とても自由気ままな性格だ。この“銀”の日常を描くミニドラマ3部作が、日テレ公式YouTubeチャンネルで、配信されることが決定した。

第1話では、“銀”の一日のルーティーンが描かれ、第2話では、龍の家の庭に迷い込む“菊五郎”と”銀“のやり取りが、そして、第3話では、”銀“の恋が描かれるというスペシャルミニドラマの構成になっている。

No image

この度、主人公”銀“役に、『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)・『僕のヒーローアカデミア』(轟焦凍)の他、数多くの人気作品に出演している人気声優の梶裕貴に決定。さらに、第2話で登場する、龍の家の庭に迷い込む犬”菊五郎”役には、『鬼滅の刃』(我妻善逸役)で注目の人気声優下野紘が決定。そして、第3話では、銀が恋するメス猫”ローズ“役が登場する。”ローズ“を演じるのは、ドラマ『極主夫道』で、純喫茶でバイトする”ゆかり“として出演中の玉城ティナのカチコミが決定。ドラマは”雅“が思いを寄せるゆかりを演じる玉城だが、SPミニドラマでは、”銀“の思いもロックオンできるか!?

すでに、第1話は、日テレ公式YouTubeチャンネルにて配信中。要チェックだ!「銀のさんぽ」を見て、ドラマ『極主夫道』を見れば、楽しさ倍増間違いなし。ドラマ『極主夫道』第7話は、今日11月22日(日)夜10時30分から放送の予定。こちらもお楽しみに。

『極主夫道』スペシャルミニドラマ 銀のさんぽ

第1話「一日のルーティーン」

第2話「迷子」

第3話「恋」

【ストーリー】

龍家に住む1匹の猫、”銀”。

”龍”がいないときは、自宅警備員になり切って、おうちを見回り中。

そんな中、龍家に異変が・・・

庭に迷い込んでしまった犬。

恋するメス猫の来訪。

そんな「龍がおうちに帰ってくるまでのひと時」を、のぞき見。

【登場人物】

銀 CV:梶裕貴

龍家の猫。自由気ままな性格。

飼い主である”龍”の影響を受けて、関西弁や極道言葉を使う。

菊五郎 CV:下野紘

龍家の庭に迷い込んだ犬。

飼い主の大雑把な性格に、いつも振り回されている。

ローズ CV:玉城ティナ

銀が恋するメス猫。

普段、上品なものばかり食べているが、天然ものには目がない。

【配信予定日】

第1話:11月22日(日)よる8時

第2話:11月23日(月・祝)よる8時

第3話:11月29日(日)よる8時予定

※配信スケジュールは、変更になる可能性があり

【関連】古川雄大、コメディ作品で新境地へ 『極主夫道』は「すべてが刺激になっています」

『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠 毎週日曜22:30~23:25(55分枠)

原作:おおのこうすけ『極主夫道』(新潮社『くらげバンチ』連載中)

脚本家:宇田学 ほか(『99.9‐刑事専門弁護士‐』『探偵が早すぎる』『おしい刑事』ほか)

監督:瑠東東一郎 ほか(『おっさんずラブ』『浦安鉄筋家族』『探偵が早すぎる』ほか)

チーフプロデューサー:前西和成

プロデューサー:中山喬詞、小島祥子、清家優輝(ファインエンターテイメント)

共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)

制作協力:ファインエンターテイメント

制作著作:読売テレビ

©おおのこうすけ/新潮社

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加