北アルプスなど本州の高山は雪化粧 石川・岐阜県境の白山で初冠雪を観測

北アルプスなど本州の高山は雪化粧 石川・岐阜県境の白山で初冠雪を観測

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/10/17
No image

2020/10/17 09:23 ウェザーニュース

今日17日(土)は本州の南の海上に伸びる前線の影響で、西日本、東日本の広い範囲で雨が降っています。上空に冷たい空気が流れ込んでいることから、北アルプスなど2000mを越えるような高い山では雨が雪に変わり、雪化粧している様子が見られました。

金沢地方気象台は白山(標高2702m)の初冠雪を発表。平年と同じで、昨シーズンよりは11日早い観測です。

ウェザーニュースアプリ利用者による投稿では、新潟県上越市から妙高山(標高2454m)や焼山(標高2400m)が雪化粧している様子も確認されています。

白馬岳なども白く

No image

そのほかにも、富山県黒部市からは白馬岳(標高2932m)、富山県上市町からは大日岳(標高2501m)などが白くなっている様子も見られました。

北陸は今日の午後から明日18日(日)にかけて天気が回復に向かう見込みです。白山以外でも初冠雪の観測が相次ぎ、明日には青空のに雪化粧をした姿が見られそうです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加