競泳・大橋悠依が25歳誕生日に日本新V「すごくうれしい。いいスタートが切れた」

競泳・大橋悠依が25歳誕生日に日本新V「すごくうれしい。いいスタートが切れた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/20
No image

「女子JOC杯」に選ばれ、笑顔を見せる大橋悠依=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

「競泳・日本短水路選手権」(18日、東京辰巳国際水泳場)

女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(イトマン東進)が2分5秒09の日本新記録で優勝した。自身が持つ記録を0秒20更新した。

この日25歳の誕生日を迎えた大橋は「久しぶりの個人メドレーでのベストなのですごくうれしいし、個人的に25歳の誕生日なので、いいスタートが切れた思う」とにっこり。「2分4秒台まで行ければ100%よかったけど、それは次の試合への課題として、どんどんタイムをクリアしていきたい」と抱負を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加