マドリーとCLの物語を自らの手で捻じ曲げたペレス。強気に進めたESL構想の“誤算”とは――【現地発】

マドリーとCLの物語を自らの手で捻じ曲げたペレス。強気に進めたESL構想の“誤算”とは――【現地発】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/03
No image

ESL構想を主導したマドリーのペレス会長。その誤算とは? (C) Getty Images

レアル・マドリーほどチャンピオンズ・リーグ(CL)と結びつきが深いクラブはない。

前身のチャンピオンズ・カップ(CC)が1955年に創設されるや5連覇を達成。数々の輝かしい戦いの中でコンペティションとしての格を最高峰にまで引き上げ、その成功はUEFA(欧州サッカー連盟)やフットボール界をも巻き込んだ。

その中心にいたのが創設に尽力したサンティアゴ・ベルナベウ会長(在位期間は1943年~78年。1955年にその功績を称える形で、ホームスタジアムがヌエボ・チャマルティンから自身の名前に改名された)だ。マドリディスモの間でCLと言えばマドリーのコンペティションという強烈な自負心が醸成され、その意識は骨の髄まで染み込み、世代を超えて語り継がれてきた。

しかし、そんな特別な物語が捻じ曲げられる事態が起きた。一連の欧州スーパーリーグ(ESL)騒動だ。

ESLの創設を主導したのは他でもないマドリーの現会長のフロレンティーノ・ペレスだ。生来の野心家の彼はビジネスで培った手法をそのままサッカーにも持ち込んだ。その結果、経済、社会、政治いずれの分野においてもスペインを代表する人物として認識されるようになり、その名は海外にも轟くに至っている。

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のR・マドリー・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!とりわけペレスが優れているのは経済の動向を的確に察知する能力だ。リベラルな考えの持ち主の彼は急速なグローバル化の流れに乗って、次々と強気の政策を打ち立て、サッカー界でも成功を収めてきた。

ペレスが会長として成し遂げた功績は間違いなく偉大であるが、特筆すべきはベルナベウのそれと酷似している点だ。ペレスが初めて会長に就任した2000年以降、マドリーはCLを5度制覇し、世界最大規模の新練習場を開設し、サッカー界への影響力を大幅に拡大させた。

そして今着々と進行しているのがサンティアゴ・ベルナベウの改装工事だ。完成すれば、最先端の豪華なスタジアムへと変貌を遂げる。ペレスにとっては自らの力を誇示するハード面では最大のプロジェクトの完遂に他ならない。それはまるで時代を先取りしてヌエボ・チャマルティンの建設計画を推し進め、竣工当時スペインではパイオニア的存在だった旧練習場を開設したベルナベウと覇を競い合っているようでもある。

前述したようにベルナベウはCCの創設にも大きく関わっている。その意味ではESL創設は、ペレスにとってはベルナベウに追いつき、追い越す意味合いもあったはずだ。しかしペレスはその賭けに失敗した。そしてその結果、ベルナベウ政権時代から連綿と受け継がれてきたマドリーとCLとの間の物語が捻じ曲げられてしまった。 ベルナベウとペレスの2人の明暗を分けたのは、サッカーを取り巻く社会環境と時代の潮流へのアプローチの仕方だ。ベルナベウが会長に就任したのは1943年。就任当初、ヨーロッパには第二次世界大戦の影響が色濃く残り、スペインは国際政治の中心から取り残されていた。しかしベルナベウはそうした社会情勢を汲みながら、巧みに政策に反映させ、クラブを成長させていった。

翻ってフロレンティーノは、今回のELS創設にあたり、サッカーが持つ社会的な意義を軽視していた。いつもの強気の姿勢で臨み、大衆のエネルギーの前に跳ね返されてしまった。
エリートによる、エリートのためのリーグ戦の創設は、拝金主義が横行する現代の時代背景にマッチしている。時代の寵児でもあるペレスは、そうした趨勢を徹底的に取り込む形で計画を推し進め、クローズ型のリーグを創設しようと試みた。彼にとってはサッカー史にその名を刻印する一大プロジェクトだ。ベルナベウの焼き増し品ではない。ペレス自身が創造した作品だ。

しかしペレスは現状認識を見誤った。自身が率いるのは、他のどのクラブよりもCLを神格化することに寄与してきたマドリーだ。にもかかわらず、そんな由緒あるコンペティションを見捨てた。それはCLの消滅を意味し、ペレスはその首謀者となるところだった。

ペレスはいうなれば、CLという壁に正面衝突したのだ。そしてその偉大な建造物を当時設立されたばかりのUEFAと協力して建てたのはベルナベウだった。結果的に計画は失敗に終わろうとしている。自らの賭けによって、マドリディスモの間で長年にわたり脈々と育まれてきた物語が大きくトーンダウンすることは避けられないだろう。

文●サンティアゴ・セグロラ(エル・パイス紙)
翻訳●下村正幸

※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙のコラム・記事を翻訳配信しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加