元日本代表・中澤佑二「サッカーに興味がない」ラクロス指導者転身のきっかけ語る

元日本代表・中澤佑二「サッカーに興味がない」ラクロス指導者転身のきっかけ語る

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/07/21
No image

サッカー元日本代表・中澤佑二が、7月20日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。「サッカーに興味がない」という爆弾発言が飛び出す場面があった。

【動画】『チマタの噺』の最新回を視聴する

元プロサッカー選手にも関わらず、現在ラクロスの指導者をしている中澤。もともと自身の娘がやっていたことをきっかけに始めたそうだが、やはり転身したばかりの頃は「みんなに“あいつ何してんの?”と言われた」と振り返る。MCの笑福亭鶴瓶に「なんでサッカーじゃないの?」と聞かれると、「僕はサッカーにあまり興味がない」と爆弾発言。その理由として「サッカーは教える方じゃなくて、プレイする方が好き」と明かした。

そんな中澤の“気になるチマタ”として、横浜F・マリノスのホペイロ(※プロサッカー選手の用具や身の回りのものを管理・ケア・準備する人)を挙げる。「現役時代、ホペイロの方々にすごく迷惑をかけた」と話す中澤。今回、そんな中澤のお世話をしていた方々にインタビューを実施した。

通常、一試合にスパイクを2~3足しか使用しないのだが、中澤は「デリケートな足をしていた」らしく、10足以上を使用していたそう。それについて聞いてみると、ホペイロの緒方さんは「(中澤は)世界で戦っていたので、ピッチコンディションのレベルが研ぎ澄まされていたのでは」と尊敬を語る一方、「両足のサイズが違ったので、1つ揃えるのに2足必要になってくる。なので、使われない片足が作業場に溜まる」という苦情も述べた。

最後に、中澤へのメッセージを求められると「F・マリノスで佑二さんの帰りを待っています」とあたたかいコメント。中澤の履いていたスパイクたちはまだ大切に保管されているようで、「佑二さんの履くスパイクは準備してあります」と復帰を望んでいる言葉に、中澤は感動しきり。そんな中澤に、鶴瓶は「ラクロスやってる場合ちゃうやん!」とツッコんでいた。

次回は7月27日に放送。引き続き中澤がゲスト出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加