アマ8冠の中垣、松本好二氏の息子圭祐ともに2連勝

アマ8冠の中垣、松本好二氏の息子圭祐ともに2連勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

1回、パンチを放つ松本圭佑(撮影・横山健太)

<プロボクシング:58キロ契約 6回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール◇日刊スポーツ新聞社後援

プロボクシングのフェニックスバトル75大会(日刊スポーツ新聞社後援)は14日、東京・後楽園ホールで開かれ、アマ8冠の中垣龍汰朗(21=大橋)がデビュー2連勝を飾った。

興法裕二(27=新日本木村)とのスーパーフライ級6回戦に臨み、4回2分26秒、KO勝利。左ストレートで動きを止め、右ボディーでキャンバスに沈めた。元世界3階級制覇王者の八重樫トレーナーの指導を受け、昨年8月のデビュー戦に続き、連続KO勝ち。「21年1発目のプロボクシング試合で勝てて良かった。2年以内に世界王者の目標を実現したい」と意欲を示した。

元東洋太平洋フェザー級王者の松本好二氏(現大橋ジムトレーナー)の息子となる圭祐(21=大橋)も1回TKO勝ちでプロ2連勝。ベジータ石川(34=折尾)との58キロ契約体重6回戦で、右ストレートでダウンを奪うと、立ち上がった石川をコーナーに追い込み、右の連打でレフェリーストップ。1回2分26秒、TKO勝ちした。不用意に左を浴びたことを反省しつつ「(セコンドの父は)心強さ半面、心配も伝わる。力をつけて心配させないようにしたい」と苦笑していた。【藤中栄二】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加