白鵬 コロナ感染時を振り返る「息上がって、においなかった...」 医療従事者に感謝

白鵬 コロナ感染時を振り返る「息上がって、においなかった...」 医療従事者に感謝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/24
No image

四股を踏む白鵬(代表撮影)

年明けに新型コロナウイルスに感染し、大相撲初場所を全休した横綱白鵬(35)=宮城野=が22日、感染後初の取材に応じ、異常を感じた1月3日以降の状況を語った。

初日(1月10日)に向け部屋で相撲を取る稽古を重ねていたが同3日は異変。「20番以上やるつもりで稽古に臨んだんですけど、10番しか稽古できなかったんですよ。これちょっとおかしいなと思って、息も上がっていた」と感じた。

稽古後、ちゃんこ中に米のにおいを嗅いでみたところ、「においがなかった。そこで気づきましたね」と言う。2日後、同5日に陽性と分かり入院した。

「まあ自分が…というのはね、正直ありましたけど。やっぱりその苦しんでる方々がいますからね。自分の場合、嗅覚というのかな、そういったことだけで済みましたけど。やっぱり手洗い、マスクしてね、こうやってることでインフルエンザも下がってるわけですし、そうやってしっかりやっておけば、コロナ以外のそういったウイルスもだんだんとうつらない、というのはわかってきましたしね。でも自分がどこで、というのはわからないという、そういったものなんでしょうね、コロナというのは」と怖さを実感した。

入院中、医療従事者には「本当に良くしてもらいましたね」と感謝。9日間ほど入院し掃除や読書などをして過ごした。「もう少しいたら変になったかもしれない。掃除してゴミを見つけたらうれしかったりとかしてね」と、すべてが初の経験だった。

自身最長の4場所連続休場となり、春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)には進退が懸かる。先週から相撲取る稽古を再開。23日から合同稽古にも参加する。

「これからだと思いますね。やっぱり実際何もしないで入院しているのは、もう古傷とかそういうものが今まで(筋肉で)固めてたものが緩くなるわけですから。そういった古傷を痛めたというのはありますけど。(合同稽古では)気持ちと体がかみ合ってくれば。関取衆と稽古したいけどね」と意気込んだ。

春場所は通常の大阪から東京開催に変更された。誕生日は東日本大震災のあった3月11日で、例年、特別な思いで、同日を迎えている。震災のあった2011年以来、誕生日を東京で迎えるのは10年ぶりとなる。

「不思議な節目というか、そういう感じですね。もう生まれた子が10歳。実際に東北に行った時にね。私の場合は早かったような気がしますけどね」としみじみと語った。

味覚も嗅覚も「もう大丈夫」とキッパリ。再起を期す春場所。「いい結果を出して、今でも横綱が頑張ってるんだ、というのを見せられれば、私たちも頑張らないといけない、という励みになってくれるんじゃないかと思うね」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加