レアルに追い討ち...バルベルデが濃厚接触疑いで隔離、ヘタフェ戦欠場が決定

レアルに追い討ち...バルベルデが濃厚接触疑いで隔離、ヘタフェ戦欠場が決定

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/04/18
No image

万能MFバルベルデがヘタフェ戦欠場 [写真]=Getty Images

レアル・マドリードは18日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデのヘタフェ戦欠場をクラブ公式サイトで発表した。

バルベルデは新型コロナウイルスの検査で陰性だったものの、陽性反応を示した人物と直接の接触があったため、17日より隔離しているという。このため、18日に行われるリーガ・エスパニョーラ第33節ヘタフェ戦は欠場が決定した。

レアル・マドリードはバルベルデのほかにも、多くの選手を欠いてヘタフェ戦に臨むことになる。DFセルヒオ・ラモス(左足ふくらはぎの負傷)、DFダニエル・カルバハル(右足大腿の負傷)、DFフェルランド・メンディ(左足ヒラメ筋の負傷)、FWルーカス・バスケス(左ひざ後十字じん帯の損傷)は負傷離脱。DFラファエル・ヴァランは新型コロナウイルス陽性、DFナチョ・フェルナンデスとMFカゼミーロは出場停止となっており、FWエデン・アザールもメンバーから外れている。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加