「エイリアンによる誘拐」は明晰夢によるものかもしれないとの研究結果

「エイリアンによる誘拐」は明晰夢によるものかもしれないとの研究結果

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/07/20
No image

明晰夢」は睡眠中に見る夢の中でも、「これは夢だ」と自覚しながら見る夢のことを指します。体外離脱アストラル投射などの神秘体験を専門に研究するロシアの研究機関が、新たに「明晰夢がエイリアンによる誘拐体験を引き起こしている可能性がある」という論文を発表しました。

Online first publications | International Journal of Dream Research

https://journals.ub.uni-heidelberg.de/index.php/IJoDR/Onlinefirst

'Alien abduction' stories may come from lucid dreaming, study hints | Live Science

https://www.livescience.com/lucid-dreaming-ufo-alien-abductions.html

Alien abductions could be result of 'lucid dreaming,' study says | Daily Mail Online

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-9802769/Alien-abductions-result-lucid-dreaming-study-says.html

明晰夢は「これは夢だ」と自覚しながら夢を見続けるという現象ですが、これは夢だと気づいた後には夢を操作できるようになるとも知られています。約50年にわたる睡眠研究をメタアナリシスで分析したノーサンプトン大学の研究によると、被験者の約55%が少なくとも一度は明晰夢を経験したと回答し、23%が少なくとも月に1度は明晰夢を見ると回答していたとのこと。

No image

こうした明晰夢について、神秘体験について研究するロシアの研究機関Phase Research Centerに所属するMichael Raduga氏らが、被験者152人に「明晰夢の中でUFOやエイリアンを召喚してもらう」という実験を行いました。Radugas氏らは「エイリアンやUFOとの遭遇はレム睡眠状態で見た夢である」という仮説について調査しており、今回の実験は「明晰夢の中でUFOやエイリアンを召喚できるのならば、エイリアンやUFOに遭遇するという体験はレム睡眠状態で見た夢であるという可能性が高まる」というのが理由です。

実験の結果、被験者152人のうち114人(75%)が「エイリアンないしはUFOと遭遇する夢を見た」と回答。夢の内容については、Improbable(リアルではない)という夢を見た人は91人、Probable(リアルに思える)という夢を見た人は23人。詳細な分類は以下で、SF作品などで見るようなスタンダードなエイリアンに出会うという夢を見た人は70人(61%)、人間のような見た目をしたエイリアンに出会う夢を見た人は22人(19%)でした。また、「エイリアンと会話する」という夢を見た参加者は44人(39%)で、「触られた」というのは27人(24%)。「UFOに出くわした」という夢は32人(28%)が報告しており、「UFOの中に入った」というのは12人(11%)、「乗ったUFOが飛行した」というのは3人(3%)。なお、実験に参加した24%が「激しい恐怖ないしは金縛りを経験した」と報告しました。

No image

論文は一部参加者が見た夢の詳細についても触れており、ある女性被験者の「青い肌に巨大な頭、そして大きな膨らんだ目を持つ『小さな男性』が光を当ててきて、目がくらんだ隙にUFOに連れ去られた」という夢を見たという報告や、別の参加者の「ベッドに横たわっているときにどこかに引きずられるような感覚があり、白いシルエットの何かが胸の中に入ってきて自分の中身を道具でいじる」という夢を見たという報告が記載されています。

今回の研究を主導したRadugas氏は「鮮明な夢の中での麻痺、恐怖、無力感は、夢と現実の境界線を曖昧にするほど強力であるため、夢を見ているという自覚のない人が、現実に宇宙人と出会い、誘拐され、UFOに運ばれたと主張するのは不思議ではありません」「夢の自覚がない人にとっては、宇宙人に誘拐されるというのは現実の体験です。彼らは単に、どう説明していいのかわかっていないのです」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加