菅義偉首相、「国民皆保険」見直しともとれる発言に物議

菅義偉首相、「国民皆保険」見直しともとれる発言に物議

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/01/14
No image

(撮影:タカハシマコト)

新型コロナウイルスの重症者数が1月13日までに全国で920人となり、過去最多を更新した。

全国で感染者が増加している状況を受け、菅義偉首相は13日の会見で栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の7府県に緊急事態宣言を発令。国民からは「遅すぎ」「緊急事態宣言って意味ないよね」と辛辣な声が上がる中、さらなる問題発言が…。

■「ステージ4に相当」

7つの府県を追加したことについて 「新規感染者数、病床の利用率など、いわゆるステージ4に相当する指標が多いこと」と説明した菅首相。

「東京圏、関西圏、中部圏、福岡県、こうした大都市として人口が集中しており、全国に感染が広がる前に対策を講じる必要がある」として対象エリアにある飲食店の20時閉店、不要不急の外出自粛などを強く要請していく。

関連記事:菅義偉総理、1都3県で緊急事態宣言検討へ 開始時期は明らかにせず

■若者層に要因

さらに30代以下の若者層に感染者が急増していることを挙げ、「(若者たちが)知らず知らずのうちに感染を広げているという現実がある。あらゆる方策を尽くし、国民の皆さんの命と暮らしを守る」と強調した。

■医療崩壊回避のための医療法改正

No image

質疑応答に移ると、ビデオニュース・ドットコムの神保哲生氏から医療法改正、感染症法改正について今国会で実現させる予定なのか質問が飛ぶ。

すると、「感染症法の改正は検討している」としながらも、「国民皆保険、そして多くの皆さんが診察を受けられる今の仕組みを続けていく中で、今回のコロナがあって、そうしたことも含めて、もう一度検証していく必要があると思っている。それによって必要であれば、そこは改正するというのは当然のこと」とコメント。

また医療法については「それも検証する必要があると思っている」と繰り返し、終始歯切れが悪いまま。今国会で実現させるかの明言すらなかった。

■加藤官房長官も火消しに…

この国民皆保険の見直しともとれる発言に、ネット上では大ブーイング。「しれっと国民皆保険破壊」「国民皆保険を見直す? とか意味不明だし」「いつもの言い間違いや言葉足らずの域を超え、もはや自身が何を語っているのかも分からない状態」と辛辣な言葉が相次いでいる。

14日に行われた定例会見で、加藤勝信官房長官はこの菅首相の発言について、「国民皆保険制度という根幹をしっかり守っていくなかで、こうしたものをどう考えていくのか。検証しながら検討していきたいと、おっしゃられたと思う」とフォローするなど、火消しに回っていた。

・合わせて読みたい→菅義偉新総裁はサプライズ人事も 解散時期は「内閣の顔ぶれ次第」で判明か

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤星生

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加