アメリカ合衆国代表の基本フォーメーションは? サッカー日本代表と今夜対戦。攻撃陣の若手に注目

アメリカ合衆国代表の基本フォーメーションは? サッカー日本代表と今夜対戦。攻撃陣の若手に注目

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/09/23
No image

【写真:Getty Images】

サッカー日本代表は23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ合衆国代表と対戦する。グレッグ・バーホルター監督が率いるアメリカ代表は、カタールワールドカップの北中米カリブ予選などで[4-3-3]を基本フォーメーションに採用してきた。中盤はアンカーを置く逆三角形になる。

日本代表戦の予想スターティングメンバーは以下の通り。

▽GK
マット・ターナー(アーセナル)

▽DF
レジー・キャノン(ボアヴィスタ)
ウォーカー・ジマーマン(ナッシュヴィルFC)
アーロン・ロング(ニューヨーク・レッドブルズ)
セルジーニョ・デスト(ミラン)

▽MF
タイラー・アダムズ(リーズ・ユナイテッド)
ウェストン・マッケニー(ユベントス)
ブレンデン・アーロンソン(リーズ・ユナイテッド)

▽FW
ポール・アリオラ(FCダラス)
クリスティアン・プリシッチ(チェルシー)
ヘスス・フェレイラ(FCダラス)

GKはアーセナルでイングランド代表GKアーロン・ラムズデールの控えを務めるマット・ターナーが現状のファーストチョイス。クラブで出場機会に恵まれず試合勘に不安を残すものの、指揮官からの信頼は厚い。長い手足を生かしたダイナミックなセーブでゴール前に立ちはだかる。

中盤より前は若手の有望株が名を連ねる。プレミアリーグのリーズ・ユナイテッドに所属するMFタイラー・アダムズとMFブレンデン・アーロンソンは、ともに「レッドブル・グループ」で育成された経験を持つ。ハードワークとテクニックが高次元で融合したセントラルMFだ。

今回はリールのFWティモシー・ウェア、バレンシアのMFユヌス・ムサといった主力級が負傷の影響で招集外になっている。もしチームに彼らがいれば、前者は右ウィングで、後者はインサイドハーフとして主戦を担うはずだ。

それでもキャプテンのFWクリスティアン・プリシッチや、21歳のエースFWヘスス・フェレイラといった特別な武器を持つタレントは健在。日本代表はチェルシーでも輝くプリシッチの左サイドからの仕掛けやチャンスメイク、MLSでゴールを量産するフェレイラのフィニッシュワークなどに気をつけたい。

唯一、不安が残るのは左サイドバックだ。本来ならフルアムでプレーするDFアントニー・ロビンソンが不動のレギュラーだが、今回は負傷のため招集されていない。本職の左サイドバックはベルギーのロイヤル・アントワープFCに所属するサム・ヴァインズしかいない。

そこには今年2月以来のアメリカ代表復帰を果たしたDFセルジーニョ・デストが先発起用されるか。ミランでプレーする攻撃的な右サイドバックは、逆サイドにも柔軟に対応でき、これまでも両ポジションで起用された経験がある。

【了】

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加