「宝」「当」「金持」...宝くじに当選しそうな珍名さん

「宝」「当」「金持」...宝くじに当選しそうな珍名さん

  • BEST T!MES
  • 更新日:2020/09/16

■9月2日は宝くじの日

No image

「宝くじの日」という記念日がある。宝くじを発行していた第一勧業銀行(現みずほ銀行)が1967年に制定した。宝くじの日は「くじ」の語呂合わせで9月2日とされている。制定された理由は、宝くじに当選しても当選金を受け取りにこないで時効になってしまうことが多かったため、時効防止のためであるらしい。宝くじの歴史は古く、古代中国では万里の長城建設費用捻出のために発行されたとの伝承もある。日本でも、昔は「富くじ」と呼ばれるくじが発行されていた。

「宝くじ」にちなんだ名字では「宝(たから)」や「当(あたり)」などが存在する。なんだか宝くじを買えば当選してしまいそうな名字である。他にも、大宝(おおたから・だいほう)・大当(おおあたり)・億(おく)なども宝くじファンにはたまらない名字が存在している。これらの名字は、宝くじが由来ではなく地名などが関係していると考えられる。また、「億」という名字は数字の単位が由来ではなく、もともと「奧」という名字であったもが何らかの理由で「億」に変わったと考えられる。宝くじ当選後に関係する名字では、十万(じゅうまん)や百万(ひゃくまん)・銭袋(ぜにぶくろ)・大金(おおがね)・財満(ざいま)・金持(かねもち)などがある。いずれも宝くじを買う人にとっては羨ましい名字である。しかし、ここ数年の高額当選者の名前のイニシャルで多いのは、男子はT.Kさん、T.Sさん、女子はM.Kさん、K.Kさんで宝くじに関係した名字ではなさそうだ。名字のようにいかないことが宝くじの「夢」なのではないだろうか。

高信 幸男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加